2017年09月02日

静岡県2日目 〜静岡鉄道静岡清水線・身延線・御殿場線・東海道新幹線・飯田線を走破〜 2017年度

新静岡 (静岡県)
発 06:27 {06:30…土休日}
静岡鉄道 静岡清水線 新清水行き
新清水 (静岡県)
着 06:49 {06:51…土休日}
徒歩(約9分)
清水 (静岡県)
発 07:15
JR 東海道本線 三島行き
富士 (静岡県)
着 07:40
発 07:45
JR 身延線 甲府行き
十島 (山梨県)
着 08:31
発 08:34
JR 身延線 富士行き
富士 (静岡県)
着 09:21
発 09:26
JR 東海道本線 熱海行き
沼津 (静岡県)
着 09:45
発 09:49
JR 御殿場線 国府津行き
  (谷峨10:46着)
国府津 (神奈川県)
着 11:16
発 11:20
JR 東海道本線 熱海行き
  (湯河原11:50着)
小田原 (神奈川県)
着 11:27
発 11:36
JR 東海道新幹線 [こだま649号] 新大阪行き
豊橋 (愛知県)
着 13:08
発 13:42
JR 飯田線 天竜峡行き
  (中井侍16:16着)
平岡 (長野県)
着 16:27
発 17:33
JR 飯田線 豊橋行き
豊橋 (愛知県)
着 20:16
発 20:33
JR 東海道本線 浜松行き
  (二川20:38着)
浜松 (静岡県)
着 21:07
発 21:21
JR 東海道本線 静岡行き
静岡 (静岡県)
着 22:32

(17/09/02調べ)

<2010年当時との違い>
静岡県2日目も、ほぼ7年前のスケジュール通りに路線を巡ることができています。

身延線の山梨県側境界駅となる十島駅からうまい具合に折り返してこれるところも変わりありません。
その後、東海道新幹線の攻略に移りますが小田原駅ですぐの連絡となり、以前と比べて1時間ほど早く豊橋駅に到着できています。
このため、飯田線の長野県側境界駅である中井侍駅は乗り過ごして平岡駅で折り返すようにしています。
平岡駅でも1時間近くの余裕があるので、その先の駅で折り返すことも可能です
もしくは途中の秘境駅、小和田駅などで降りて周辺を散策するのもよさそうです。



◎本日走破した路線

JR
 ・東海道本線 (清水〜富士〜吉原〜沼津)
 ・身延線 (富士〜富士宮〜十島)
 ・御殿場線 (沼津〜御殿場〜国府津)
 ・東海道新幹線 (小田原〜熱海〜静岡〜掛川〜浜松〜豊橋)
 ・飯田線 (豊橋〜東栄〜中部天竜〜水窪〜中井侍〜平岡)

静岡鉄道
 ・静岡清水線 (新静岡〜新清水)


●残る未走破路線

JR
 ・東海道本線 (金谷〜静岡〜清水,
        沼津〜三島〜熱海〜湯河原)
 ・伊東線 (熱海〜伊東)

伊豆急行
 ・伊豆急行線 (伊東〜伊豆急下田)

伊豆箱根鉄道
 ・駿豆線 (三島〜修善寺)

岳南鉄道
 ・岳南鉄道線 (吉原〜岳南江尾)

遠州鉄道(遠鉄)
 ・西鹿島線 (西鹿島〜新浜松)
posted by ウェアケン at 12:24 | Comment(0) | 第13回: 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

静岡県1日目 〜天竜浜名湖鉄道天浜線・大井川鉄道(大井川本線, 井川線 南アルプスあぷとライン)を走破〜 2017年度

静岡 (静岡県)
発 05:15
JR 東海道本線 浜松行き
掛川 (静岡県)
着 05:59
発 06:33
天竜浜名湖鉄道 天竜浜名湖線 新所原行き
  (西鹿島07:33着)
新所原 (静岡県)
着 08:51
発 09:15
JR 東海道本線 豊橋行き
二川 (愛知県)
着 09:19
発 09:38
JR 東海道本線 浜松行き
浜松 (静岡県)
着 10:07
発 10:10
JR 東海道本線 興津行き
金谷 (静岡県)
着 10:50
発 11:04
大井川鉄道 大井川本線 千頭行き
千頭 (静岡県)
着 12:18
発 12:28
大井川鉄道 井川線(南アルプスあぷとライン) 井川行き
井川 (静岡県)
着 14:18
発 14:49
大井川鉄道 井川線(南アルプスあぷとライン) 千頭行き
千頭 (静岡県)
着 16:34
発 16:51
大井川鉄道 大井川本線 金谷行き
金谷 (静岡県)
着 18:02
発 18:32
JR 東海道本線 沼津行き
静岡 (静岡県)
着 19:03

(17/08/27調べ)

<2010年当時との違い>
静岡県1日目は、ほぼ7年前のスケジュール通り路線を巡ることができています。

1日目は主に天浜線と大井川鉄道の攻略となっていますが、大井川鉄道については7年前と比べて逆に接続がよくなっているので、ストレスなく路線巡りが可能となっています。

当時設定されていた大井川鉄道のフリーパス「大井川全線フリーきっぷ」も「大井川周遊きっぷ」に名称を変え、販売されています。
2日間、または3日間の2種類あり、途中の寸又峡温泉などの温泉郷で宿泊する場合に使えそうです。



◎本日走破した路線

JR
 ・東海道本線 (二川〜新所原〜浜松〜掛川〜金谷)

天竜浜名湖鉄道(天浜線)
 ・天竜浜名湖線 (掛川〜西鹿島〜新所原)

大井川鉄道
 ・大井川本線 (金谷〜千頭)
 ・井川線 南アルプスあぷとライン (千頭〜井川)


●残る未走破路線

JR
 ・東海道本線 (金谷〜静岡〜富士〜吉原〜沼津
        〜三島〜熱海〜湯河原)
 ・伊東線 (熱海〜伊東)
 ・御殿場線 (沼津〜御殿場〜谷峨)
 ・身延線 (富士〜富士宮〜十島)
 ・飯田線 (東栄〜中部天竜〜水窪〜中井侍)
 ・東海道新幹線 (豊橋〜浜松〜掛川〜静岡〜熱海〜小田原)

伊豆急行
 ・伊豆急行線 (伊東〜伊豆急下田)

伊豆箱根鉄道
 ・駿豆線 (三島〜修善寺)

岳南鉄道
 ・岳南鉄道線 (吉原〜岳南江尾)

静岡鉄道
 ・静岡清水線 (新静岡〜新清水)

遠州鉄道(遠鉄)
 ・西鹿島線 (西鹿島〜新浜松)
posted by ウェアケン at 09:40 | Comment(0) | 第13回: 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク