2018年01月01日

大分県の路線制覇 〜攻略対象の路線一覧〜 2017年度

今回のターゲットは都道府県面積第22位の大分県となります。

スタート地点は日豊本線、久大本線、豊肥本線が乗り入れ可能な大分県の代表駅である大分駅とします。

攻略に手間取りそうな路線は、日豊本線の佐伯から先の下り区間でしょう。
日豊本線の佐伯〜延岡間は日中、普通列車が接続されないため日中攻略としては特急を利用するしかなさそうです。

後は豊肥本線の豊後竹田から先の上り区間。
この区間(豊後竹田〜宮地)は普通列車が1日4〜5往復しかしません。
しかも日中運行だとさらに限られます。

さらに久大本線の大分県区間の日田〜光岡、日田彦山線の夜明〜添田は災害の影響で現在も不通区間となっています。
ただ、この区間は代行バスが設定されているので光岡駅から先の区間も大分県側から踏破することは可能となっています。
さすがに福岡県側から回り込んでの攻略では効率が悪そうなので、ここは代行バスを利用した方がよさそうです。
また、日田彦山線の大分県区間は現在も運転見合わせが続いているため、この区間は(代行バスは設定されていますが)現時点で攻略対象外としておきます。

大分の路線制覇にはJRを含めた九州の鉄道路線全線で3日間利用可能なフリーパス『旅名人の九州満喫きっぷ』が役に立ちそうです。
ただ、特急列車は利用できないので日豊本線の佐伯〜延岡の区間は別途、乗車券と特急券が必要となってしまいます。
特急列車の乗車券として利用できないのは残念ですが、JR以外の三セクや私鉄、公営鉄道を利用できるので名前通り、鉄道マニアにとっては九州を満喫できる切符といえそうです。

さて、2017年時点における大分県の攻略対象となる路線は以下の通りです。

JR
 ・日豊本線 (吉富〜中津〜別府〜大分〜佐伯〜市棚)
     ※吉富は福岡県側、市棚は宮崎県側県境駅
 ・久大本線 (大分〜由布院〜日田, 光岡〜夜明〜筑後大石)
     ※筑後大石は福岡県側県境駅
 ・日田彦山線 (夜明〜宝珠山) ※2018年1月1日時点では不通区間のため攻略対象外
     ※宝珠山は福岡県側県境駅
 ・豊肥本線 (大分〜豊後竹田〜滝水)
     ※滝水は熊本県側県境駅
posted by ウェアケン at 11:50 | Comment(0) | 第22回: 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

群馬県3日目 〜上越線・上越新幹線・北陸新幹線・信越本線を踏破〜 2017年度

高崎 (群馬県)
発 07:12
JR 上越線 水上行き
水上 (群馬県)
着 08:17
発 08:24
JR 上越線 長岡行き
  (土樽08:42着)
越後湯沢 (新潟県)
着 08:57
発 09:09
JR 上越新幹線 [新幹線 とき310号] 東京行き
高崎 (群馬県)
着 09:33
発 10:42
JR 北陸新幹線 [新幹線 あさま605号] 長野行き
軽井沢 (群馬県)
着 11:02
発 11:20
JRバス関東線 横川行き
横川 (群馬県)
着 11:54
発 12:10
JR 信越本線 高崎行き
高崎 (群馬県)
着 12:41

<コメント>
群馬県3日目は残っていた上越新幹線ルートとその並行在来線、および北陸新幹線ルートとその並行在来線の攻略となります。

上越線の水上〜越後湯沢は若干普通列車の接続本数が少ないのでここに合わせます。
後は越後湯沢から上越新幹線、北陸新幹線と乗り継いで軽井沢からJRバス関東線を利用して高崎まで戻ってくるだけです。

ということで群馬県の全路線制覇にはだいたい2日半あればOKということになります。
日中攻略にこだわらなければ2日での攻略もいけそうです。



◎本日走破した路線

JR
 ・上越線 (渋川〜水上〜土樽)
 ・上越新幹線 (越後湯沢〜高崎)
 ・北陸新幹線 (高崎〜軽井沢)
 ・信越本線 (横川〜高崎)

●残る未走破路線

群馬県の全路線制覇!
posted by ウェアケン at 11:48 | Comment(0) | 第21回: 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク