2018年06月10日

山梨県の路線制覇 〜攻略対象の路線一覧〜 2018年度

今回のターゲットは都道府県面積第32位の山梨県となります。

スタート地点は山梨県の代表駅の甲府駅とします。

山梨県は鉄道路線の数こそ少ないですが、甲府駅スタートとした場合は全路線が往復による攻略となるので案外時間がかかるかもしれません。
恐らく1日では全路線を巡ることはできないのではないでしょうか。

特に身延線は山梨県区間が長い上に鰍沢口駅から先は列車本数が少なくなるので、往復して戻ってくるとかなりの時間を消費してしまいそうです。

特急列車をうまく活用すれば1日で全路線制覇できそうですが、ひとまず普通列車のみでの路線制覇を目指します。

さて、2018年時点における山梨県の攻略対象となる路線は以下の通りです。

JR
 ・中央本線 (信濃境〜小淵沢〜甲府〜大月〜藤野)
     ※ 信濃境は長野県側、藤野は神奈川県側県境駅
 ・小海線 (小淵沢〜野辺山)
     ※ 野辺山は長野県側県境駅
 ・身延線 (甲府〜鰍沢口〜身延〜稲子)
     ※ 稲子は静岡県側県境駅

富士急行
 ・富士急行線 (大月〜富士山〜河口湖)
posted by ウェアケン at 13:17 | Comment(0) | 第32回: 山梨県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

京都府3日目 〜京都市営地下鉄(烏丸線・東西線)・阪急(京都本線・嵐山線)・京阪(鴨東線・京阪本線・男山ケーブル・京津線)・叡山電鉄(叡山本線・鞍馬線)・京福(北野線・嵐山線)・嵯峨野観光鉄道・山陰本線を踏破〜 2018年度

京都 (京都府)
発 05:27
京都市営地下鉄 烏丸線 国際会館行き
国際会館 (京都府)
着 05:46
発 05:55
京都市営地下鉄 烏丸線 竹田行き
四条 (京都府)
着 06:10
徒歩すぐ近く
烏丸 (京都府)
発 06:25
阪急 京都本線 梅田行き
水無瀬 (大阪府)
着 06:53 {06:49…土休日}
発 07:00 {06:59…土休日}
阪急 京都本線 河原町行き
(京都府)
着 07:15 {07:14…土休日}
発 07:20 {07:27…土休日}
阪急 嵐山線 嵐山行き
(阪急)嵐山 (京都府)
着 07:28 {07:35…土休日}
発 07:31 {07:43…土休日}
阪急 嵐山線 桂行き
(京都府)
着 07:39 {07:51…土休日}
発 07:49 {07:56…土休日}
阪急 京都本線 河原町行き
河原町 (京都府)
着 08:01 {08:08…土休日}
↓ 徒歩約4分(350m)
祇園四条 (京都府)
発 08:22 {08:26…土休日}
京阪 京阪本線・鴨東線 出町柳行き
出町柳 (京都府)
着 08:31 {08:37…土休日}
発 08:40 {08:45…土休日}
叡山電鉄 叡山本線・鞍馬線 鞍馬行き
鞍馬 (京都府)
着 09:10 {09:15…土休日}
発 09:21 {09:19…土休日}
叡山電鉄 鞍馬線・叡山本線 出町柳行き
宝ヶ池 (京都府)
着 09:43 {09:41…土休日}
発 09:56 {09:46…土休日}
叡山電鉄 叡山本線 八瀬比叡山口行き
八瀬比叡山口 (京都府)
着 10:01 {09:51…土休日}
発 10:10 {09:59…土休日}
叡山電鉄 叡山本線 出町柳行き
出町柳 (京都府)
着 10:23 {10:12…土休日}
発 10:29 {10:20…土休日}
京阪 鴨東線・京阪本線 [特急] 淀屋橋行き
中書島 (京都府)
着 10:46 {10:37…土休日}
発 10:49 {10:40…土休日}
京阪 京阪本線 [準急] 淀屋橋行き
八幡市 (京都府)
着 10:58 {10:48…土休日}
発 11:15
京阪 男山ケーブル 男山山上行き
男山山上 (京都府)
着 11:17
発 11:45
京阪 男山ケーブル 八幡市行き
八幡市 (京都府)
着 11:47
発 11:54 {※ 土休日は普通列車}
京阪 京阪本線・鴨東線 [準急] 出町柳行き
東福寺 (京都府)
着 12:21
発 12:35
JR 奈良線 [みやこ路快速] 奈良行き
(JR)六地蔵 (京都府)
着 12:45
↓ 徒歩すぐ近く
(市営)六地蔵 (京都府)
発 12:52
京都市営地下鉄 東西線 太秦天神川行き
御陵 (京都府)
着 13:08
発 13:28
京阪 京津線 びわ湖浜大津行き
追分 (滋賀県)
着 13:34
発 13:40
京阪 京津線→京都市営地下鉄 東西線 太秦天神川行き
太秦天神川 (京都府)
着 14:06
徒歩すぐ近く
嵐電天神川 (京都府)
発 14:19
京福 嵐山本線 四条大宮行き
四条大宮 (京都府)
着 14:30
発 14:34
京福 嵐山本線 嵐山行き
帷子ノ辻 (京都府)
着 14:49
発 14:54
京福 北野線 北野白梅町行き
北野白梅町 (京都府)
着 15:06
発 15:11
京福 北野線 帷子ノ辻行き
帷子ノ辻 (京都府)
着 15:22
発 15:30
京福 嵐山本線 嵐山行き
(京福)嵐山 (京都府)
着 15:38
↓ 徒歩約9分(700m)
トロッコ嵯峨 (京都府)
発 16:01
嵯峨野観光鉄道 [嵯峨野15号] トロッコ亀岡行き
トロッコ亀岡 (京都府)
着 16:24
徒歩約6分(500m)
馬堀 (京都府)
発 16:47
JR 山陰本線(嵯峨野線) 京都行き
京都 (京都府)
着 17:14

<コメント>
京都府3日目は京都中央部の路線をメインに攻略していきます。
中央部の路線は観光のための移動手段として利用されることもあり、他の大都市圏に似ていて多少ごちゃごちゃしています。
それでは順番に見ていきましょう。

まずは早朝、市営地下鉄烏丸線の残っていた区間をやっつけます。
折り返して四条駅まで戻ってきたら、ここから阪急路線の攻略へとシフトします。

四条駅と阪急の烏丸駅は地理的にほぼお隣に位置しているため移動に時間はかからないでしょう。
烏丸駅からは阪急の京都本線で一気に大阪府との県境付近まで進みます。

大阪府側の県境駅、水無瀬駅から折り返し京都方面に戻りますが、この時点で朝7時を過ぎるため、折り返しの列車で京都本線の区間が攻略完了となります。
京都本線終点の河原町駅まで向かう途中、桂駅からの支線、阪急嵐山線を往復攻略しておきます。
阪急の嵐山駅から京福の嵐山駅に歩いて移動して京福の路線を攻略してみるのもいいかもしれません。
ここでは嵐山線を往復して、さらに京都本線の終点、河原町駅を目指します。

河原町駅からは京阪本線の祇園四条駅が結構近いです。
徒歩で4分くらいで祇園四条駅に移動できます。

祇園四条駅からは京阪本線・鴨東線(おうとうせん)を乗り継いで北上し、京阪路線の終点、出町柳駅を目指します。
出町柳駅からは叡山電鉄の路線が乗り入れているので、えいてつの2つの路線、叡山本線と鞍馬線を往復して攻略します。

出町柳駅まで戻ってきたら京阪本線の残りの区間をやり過ごして、そう言えばまだだった男山ケーブルをやっつけます。

男山ケーブル攻略の後、いったん京阪本線を東福寺まで戻って、ここからJR奈良線を利用して地下鉄東西線のターミナルである六地蔵駅を目指します。

六地蔵駅から地下鉄東西線で終点の太秦天神川駅まで一気にいきたいところですが、途中の御陵駅(みささぎ)から京阪の京津線を往復してやっつけておきましょう。
これで県境をまたぐ路線はすべて攻略済みとなりました。

太秦天神川駅に到着したら京福の路線攻略にシフトします。
太秦天神川駅から京福嵐山本線の嵐電天神川駅は地理的に近いので簡単に京福の路線攻略へと移ることができます。

ここから京福の嵐山本線と北野線を往復攻略して終点の嵐山駅に進みます。
京福の嵐山駅からは最後の最後に残っていた嵯峨野観光鉄道攻略のため一路、トロッコ嵯峨駅を目指します。

京福の嵐山駅からだったら徒歩で9~10分程度でしょう。
阪急の嵐山駅からトロッコ嵯峨駅までは倍近い距離になるので20分程度かかるものと思われます。

無事、嵯峨野観光鉄道線を制覇したらJR嵯峨野線で京都まで戻ってくれば京都府の路線全線制覇完了となります。
JR嵯峨野線についても馬堀〜京都が残っていて京都駅到着は17時過ぎとなってしまいますが、まあギリギリOKとしておきましょう。

このように京都中央部の路線は細々していますが、実際は1日あれば日中攻略が可能なようです。
京都の全路線制覇が3日でいけるのは結構意外な感じでした。



◎本日走破した路線

JR
 ・山陰本線 (京都〜二条〜嵯峨嵐山〜馬堀)

京阪電気鉄道(京阪)
 ・京阪本線 (中書島〜東福寺〜三条)
 ・鴨東線 (三条〜出町柳)
 ・京津線 (御陵〜追分)
 ・男山ケーブル (八幡市〜男山山上)

阪急電鉄(阪急)
 ・京都本線 (水無瀬〜桂〜大宮〜烏丸〜河原町)
 ・嵐山線 (桂〜嵐山)

京福電気鉄道(京福)
 ・北野線 (帷子ノ辻〜北野白梅町)
 ・嵐山線 (嵐山〜帷子ノ辻〜四条大宮)

叡山電鉄(えいでん)
 ・叡山本線 (出町柳〜宝ヶ池〜八瀬比叡山口)
 ・鞍馬線 (宝ヶ池〜鞍馬)

嵯峨野観光鉄道
 ・嵯峨野観光線 (トロッコ嵯峨〜トロッコ亀岡)

京都市営地下鉄
 ・烏丸線 (国際会館〜烏丸御池〜四条〜京都)
 ・東西線 (太秦天神川〜二条〜烏丸御池〜三条京阪〜御陵〜山科〜六地蔵)

●残る未走破路線

京都府の全路線制覇!
posted by ウェアケン at 15:33 | Comment(0) | 第31回: 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク