2011年04月06日

高知2日目 〜土佐電気鉄道(伊野線, ごめん線, 桟橋線)・土讃線・土佐くろしお鉄道ごめんなはり線・阿佐海岸鉄道阿佐東線を走破〜

高知 (高知県)
発 06:10
JR 土讃線 窪川行き
  (06:18着, 朝倉06:23着, 佐川07:15着, 須崎07:43着,
   土佐久礼08:21着, 窪川08:45着)
伊野 (高知県)
着 06:31
徒歩(約3分)
伊野 (※電停, 高知県)
発 06:50 {06:53…土休日}
土佐電気鉄道 伊野線 文殊通行き
  (鏡川橋07:13着, はりまや橋07:32着)
文殊通 (※電停, 高知県)
着 07:46 {07:45…土休日}
発 07:50 {07:52…土休日}
土佐電気鉄道 ごめん線 後免町行き
後免町 (※電停, 高知県)
着 08:13
発 08:20 {08:15…土休日}
土佐電気鉄道 ごめん線 鏡川橋行き
  (文殊通08:41着, 鏡川橋09:15着)
はりまや橋 (※電停, 高知県)
着 08:55 {08:49…土休日}
発 09:02 {08:57…土休日}
土佐電気鉄道 桟橋線 桟橋通五丁目行き
桟橋通五丁目 (※電停, 高知県)
着 09:12 {09:06…土休日}
発 09:14 {09:08…土休日}
土佐電気鉄道 桟橋線 高知駅前行き
  (はりまや橋09:23着)
高知駅前 (※電停, 高知県)
着 09:28 {09:22…土休日}
徒歩(約2分)
高知 (高知県)
発 10:43
JR 土讃線 阿波池田行き
  (後免10:51着, 土佐山田11:09着, 大杉12:08着,
   豊永12:21着, 小歩危12:43着, 阿波池田13:05着)
大歩危 (徳島県)
着 12:35
発 12:52
JR 土讃線 [特急 南風7号] 高知行き
  (土佐山田13:28着, 高知13:40着)
後免 (高知県)
着 13:32
発 13:43
JR 土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線 [快速] 奈半利行き
  (後免町13:45着, あかおか13:57着, 安芸14:16着)
奈半利 (高知県)
着 14:42
徒歩すぐ近く
奈半利駅 (※バス停, 高知県)
発 15:47
高知東部交通 路線バス 甲浦行き
  (室戸岬16:46着)
甲浦駅 (※バス停, 高知県)
着 17:36 {09:22…土休日}
徒歩(約2分)
甲浦 (高知県)
発 18:10
阿佐海岸鉄道 阿佐東線 海部行き
  (宍喰18:14着)
海部 (徳島県)
着 18:21
発 18:28
JR 牟岐線 牟岐行き
牟岐 (徳島県)
着 18:44
発 18:46
JR 牟岐線・高徳線 板野行き
  (日和佐15:04着, 桑野19:34着, 阿南19:45着,
   南小松島20:33着, 池谷21:41着, 板野21:53着)
徳島 (徳島県)
着 20:57
発 21:06
JR 徳島線(よしの川フルーライン) 阿波池田行き
  (鴨島21:37着, 阿波山川21:54着, 穴吹22:03着,
   貞光22:22着)
阿波池田 (徳島県)
着 22:53
発 22:57
JR 土讃線 [特急 南風27号] 高知行き
  (大歩危23:14着, 大杉22:31着, 土佐山田23:51着,
   後免23:55着)
高知 (高知県)
着 00:03

(11/04/06調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 14回
総距離: 約449.1km + 路線バスの運行距離
所要時間: 17時間53分
乗車時間合計: 13時間30分
乗継時間合計: 4時間23分
通常料金: 14,050円
  (260円…高知〜伊野間のJR乗車券
  + 450円…伊野〜はりまや橋〜後免町間の土佐電鉄運賃
  + 450円…後免町〜はりまや橋〜桟橋通五丁目間の土佐電鉄運賃
  + 190円…桟橋通五丁目〜はりまや橋〜高知駅前間の土佐電鉄運賃
  + 1,240円…高知〜大歩危間のJR乗車券
  + 1,060円…大歩危〜後免間のJR乗車券
  + 1,150円…大歩危〜後免間のJR自由席特急券
  + 1,040円…後免〜奈半利間の土佐くろしお鉄道運賃
  + 2,340円…奈半利駅〜甲浦駅間の路線バス運賃
  + 270円…甲浦〜海部間の阿佐海岸鉄道運賃
  + 4,450円…海部〜徳島〜阿波池田〜高知間のJR乗車券
  + 1,150円…阿波池田〜高知間のJR自由席特急券)
青春18きっぷ: 11,980円
  (2,300円…18きっぷ一日分
  + 450円…伊野〜はりまや橋〜後免町間の土佐電鉄運賃
  + 450円…後免町〜はりまや橋〜桟橋通五丁目間の土佐電鉄運賃
  + 190円…桟橋通五丁目〜はりまや橋〜高知駅前間の土佐電鉄運賃
  + 1,060円…大歩危〜後免間のJR乗車券
  + 1,150円…大歩危〜後免間のJR自由席特急券
  + 1,040円…後免〜奈半利間の土佐くろしお鉄道運賃
  + 2,340円…奈半利駅〜甲浦駅間の路線バス運賃
  + 270円…甲浦〜海部間の阿佐海岸鉄道運賃
  + 1,580円…阿波池田〜高知間のJR乗車券
  + 1,150円…阿波池田〜高知間のJR自由席特急券)
青春18きっぷ
 +路面電車一日乗車券
 +安芸・室戸観光きっぷ: 10,640円
  (2,300円…18きっぷ一日分
  + 800円…路面電車一日乗車券一枚
  + 1,060円…大歩危〜後免間のJR乗車券
  + 1,150円…大歩危〜後免間のJR自由席特急券
  + 2,500円…安芸・室戸観光きっぷ一日分
  + 270円…甲浦〜海部間の阿佐海岸鉄道運賃
  + 1,410円…阿波池田〜後免間のJR乗車券
  + 1,150円…阿波池田〜後免間のJR自由席特急券)
四国再発見早トクきっぷ: 11,680円
  (2,000円…四国再発見早トクきっぷ一枚
  + 450円…伊野〜はりまや橋〜後免町間の土佐電鉄運賃
  + 450円…後免町〜はりまや橋〜桟橋通五丁目間の土佐電鉄運賃
  + 190円…桟橋通五丁目〜はりまや橋〜高知駅前間の土佐電鉄運賃
  + 1,060円…大歩危〜後免間のJR乗車券
  + 1,150円…大歩危〜後免間のJR自由席特急券
  + 1,040円…後免〜奈半利間の土佐くろしお鉄道運賃
  + 2,340円…奈半利駅〜甲浦駅間の路線バス運賃
  + 270円…甲浦〜海部間の阿佐海岸鉄道運賃
  + 1,580円…阿波池田〜高知間のJR乗車券
  + 1,150円…阿波池田〜高知間のJR自由席特急券)
四国フリーきっぷ: 9,974円
  (5,234円…四国フリーきっぷ一日分
  + 450円…伊野〜はりまや橋〜後免町間の土佐電鉄運賃
  + 450円…後免町〜はりまや橋〜桟橋通五丁目間の土佐電鉄運賃
  + 190円…桟橋通五丁目〜はりまや橋〜高知駅前間の土佐電鉄運賃
  + 1,040円…後免〜奈半利間の土佐くろしお鉄道運賃
  + 2,340円…奈半利駅〜甲浦駅間の路線バス運賃
  + 270円…甲浦〜海部間の阿佐海岸鉄道運賃)
四国グリーン紀行: 8,700円
  (5,000円…四国グリーン紀行一日分
  + 450円…伊野〜はりまや橋〜後免町間の土佐電鉄運賃
  + 450円…後免町〜はりまや橋〜桟橋通五丁目間の土佐電鉄運賃
  + 190円…桟橋通五丁目〜はりまや橋〜高知駅前間の土佐電鉄運賃
  + 2,340円…奈半利駅〜甲浦駅間の路線バス運賃
  + 270円…甲浦〜海部間の阿佐海岸鉄道運賃)

<路線地図>
 今回走破した路線の一部
 ・土佐電鉄 (伊野〜はりまや橋〜後免町)

大きな地図で見る

 ・土佐電鉄 (桟橋通五丁目〜はりまや橋〜高知駅前)
 ・土讃線 (高知〜後免〜大歩危)

大きな地図で見る

 ・土佐くろしお鉄道 (後免〜後免町〜奈半利)

大きな地図で見る

 ・阿佐海岸鉄道 (甲浦〜宍喰〜海部)
 ・牟岐線 (海部〜徳島)
 ・高徳線 (徳島〜佐古)
 ・徳島線 (佐古〜佃)
 ・土讃線 (佃〜阿波池田〜大歩危〜後免〜高知)

大きな地図で見る


<コメント>
 高知の路線制覇2日目です。
 前回の記事からだいぶ経ってしまいましたね。
 1日目は土讃線の一部と予土線、それと土佐くろしお鉄道の中村・宿毛線を乗りつぶしたのでした。
 2日目は残りの路線を攻略していきます。
 いきなり結論を言うと、普通列車のみを乗り継いで2日で高知の全路線を制覇するのは難しいです。
 どこら辺が難しいのかは後々説明していくとして、今回は一部区間を特急列車を利用することでなんとか2日以内にまとめてみました。

 残っている路線で問題となるのは高知駅から離れた場所にある阿佐海岸鉄道線です。
 電車を乗り継いで行くには徳島を経由しなければなりません。
 JR四国全線のフリーパスを利用すれば運賃は気にならなくなりますが、如何せん時間がかかりすぎます。
 ということでここは奈半利〜甲浦を結ぶ路線バスを利用することにしました。
 行きと帰りでこの路線バスを使えればいいのですが、本数が少ないので行きのバスだけ利用して、帰りは電車を乗り継いで戻ってくることにします。
 できるだけ夕方近くに出発するものを選んで、バス時間までに他の残っている全路線を乗りつぶしてしまおう、といった作戦です。

 まずは路面電車を一気に乗りつぶします。
 伊野線は営業キロはたいしたことないのですが、往復するとなると結構時間がかかってしまうのでとりあえず土讃線で伊野駅まで向かい、そこから路面電車に切り替えることにします。
 この場合、JR伊野駅至近の伊野駅前電停から乗車したのでは全線制覇とならないので、伊野駅前電停から先の伊野線終点、伊野電停まで向かいます。
 JR伊野駅から伊野電停までの距離は200mちょっとくらいです。

 路面電車については「電車一日乗車券」が800円で販売されているので、運賃が800円以上かかるようだったらコチラを利用した方がお得です。
 詳細は土佐電鉄のWebサイトの最新情報を参考にしてください。

 続いて土讃線の高知〜大歩危(読み:おおぼけ)を攻略します。
 ここは特に土佐山田〜大歩危間の普通列車本数が少ないのでプランニングが難しいです。
 大歩危で折り返し運転となる列車はないので往復して戻ってくるのに結構時間がかかってしまいます。
 そこで大歩危駅からは特急列車で戻ってくることにしました。
 大歩危は吉野川中流域に位置する自然豊かな渓谷で、大歩危駅からも吉野川はかなりの至近位置にあります。
 大歩危では観光のための遊覧船も運行されているみたいですね。
 最近知ったのですが「大歩危」というこの不思議な地名、実は「ボケ」というの言葉にはもともと渓谷の意味があるらしいです。
 大歩危は大股で歩くと危険、小歩危は小股で歩くと危険というのはよく聞くんですけどね。

 特急列車を後免駅で降りたら、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線で終点の奈半利駅まで向かいます。
 今回は奈半利駅からバスに乗り込むことにしましたが、安芸駅からも乗車可能です。
 奈半利駅からは室戸岬を経由して阿佐海岸鉄道の甲浦駅までバスで移動します。
 国鉄時代はこの奈半利〜室戸岬〜甲浦を延伸してつなぐ計画があったそうです。
 鉄道路線ができていればもう少し楽に路線制覇が可能だったんでしょうけどねー

 この高知東部交通の路線バスも含む高知〜後免〜奈半利〜甲浦の区間についてはJR四国、土佐くろしお鉄道、高知東部交通のコラボ企画として『安芸・室戸観光きっぷ』が販売されています。
 この切符は上述した高知〜甲浦間の鉄道&バスが2日間乗り降り自由となるフリーパスです。
 1日分は2,500円なので高知〜甲浦間の通常片道運賃よりも1000円以上お得です。
 高知〜徳島の海岸線に沿っての移動や、室戸岬の観光等に使えそうな切符ですね。

 甲浦駅からは阿佐海岸鉄道阿佐東線→牟岐線→徳島線→土讃線とコの字を描くように徳島経由でグルッと周って高知駅まで戻ります。
 阿佐東線は営業キロ8.5kmのすごく短い路線です。
 駅は甲浦、宍喰(読み:ししくい)、海部の3つしかありません。
 甲浦、宍喰は高知、徳島各県の県境駅となっていて阿佐東線は高知と徳島をつなぐ地域密着型の路線となっています。
 最近では昨年の12月に宍喰駅で「伊勢エビ」が駅長に就任して話題となりましたね
 なぜ伊勢エビなのかというのは…地元の特産品だからだそうです。
 特産品って。。。駅長を見て(おいしそう)と思ってもOKってこと?


 2日目は特急列車を駆使してなんとか残りの路線を乗りつぶすことに成功しました。
 特急列車2回利用しているので青春18きっぷや四国再発見早トクきっぷではかなり余計な費用がかかってしまいます。
 一方、特急列車も乗り降り自由となる四国フリーきっぷや四国グリーン紀行であれば、特急列車の運賃も込みとなるので普通列車オンリーのフリーパスよりもお得になります。
 こららと路面電車の電車一日乗車券と安芸・室戸観光きっぷを組み合わせて利用すればさらに費用をおさえることも可能です。



◎本日走破した路線

JR
 ・土讃線 (伊野〜高知〜後免〜大歩危〜阿波池田〜佃)
 ・牟岐線 (海部〜徳島)
 ・高徳線 (徳島〜佐古)
 ・徳島線 (佐古〜佃)

土佐電気鉄道
 ・伊野線 (伊野〜はりまや橋)
 ・ごめん線 (はりまや橋〜後免町)
 ・桟橋線 (桟橋通五丁目〜はりまや橋〜高知駅前)

土佐くろしお鉄道
 ・ごめん・なはり線 (後免〜後免町〜安芸〜奈半利)

阿佐海岸鉄道
 ・阿佐東線 (甲浦〜宍喰〜海部)

●残る未走破路線

高知県の全路線制覇!
posted by ウェアケン at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第18回: 高知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

高知1日目 〜土佐くろしお鉄道(中村線, 宿毛線)・予土線を走破〜

高知 (高知県)
発 06:07
JR 土讃線 窪川行き
  (06:14着, 朝倉06:20着, 伊野06:28着, 佐川07:15着,
   須崎07:44着, 土佐久礼08:20着)
窪川 (高知県)
着 08:44
発 10:14
土佐くろしお鉄道 中村線 中村行き
  (土佐佐賀10:38着, 土佐入野10:59着)
中村 (高知県)
着 11:11
発 11:34
土佐くろしお鉄道 宿毛線 宿毛行き
  (東宿毛12:01着)
宿毛 (高知県)
着 12:04
発 12:50
土佐くろしお鉄道 宿毛線 中村行き
  (東宿毛12:52着)
中村 (高知県)
着 13:20
発 13:49
土佐くろしお鉄道 中村線 窪川行き
  (土佐入野14:00着, 土佐佐賀14:22着, 窪川14:51着)
若井 (高知県)
着 14:46
発 15:07
JR 予土線 宇和島行き
  (土佐大正15:30着, 十川15:46着, 江川崎16:00着,
   真土16:45着, 宇和島17:52着)
吉野生 (愛媛県)
着 16:49
発 18:06 (宇和島17:09発)
JR 予土線 窪川行き
  (江川崎18:21着, 十川18:56着, 土佐大正19:15着)
窪川 (高知県)
着 19:43
発 20:20
JR 土讃線 高知行き
  (土佐久礼20:43着, 須崎21:14着, 佐川21:39着,
   伊野22:08着, 朝倉22:15着, 22:21着)
高知 (高知県)
着 22:28

(11/01/16調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 7回
総距離: 約383.4km
所要時間: 16時間21分
乗車時間合計: 10時間58分
乗継時間合計: 5時間23分
通常料金: 7,990円
  (1,410円…高知〜窪川間のJR乗車券
  + 1,550円…窪川〜中村〜宿毛間の土佐くろしお鉄道運賃
  + 1,420円…宿毛〜中村〜若井間の土佐くろしお鉄道運賃
  + 1,060円…若井〜吉野生間のJR乗車券
  + 2,550円…吉野生〜窪川〜高知間のJR+土佐くろしお鉄道通し運賃)
青春18きっぷ: 5,470円
  (2,300円…18きっぷ一日分
  + 1,550円…窪川〜中村〜宿毛間の土佐くろしお鉄道運賃
  + 1,420円…宿毛〜中村〜若井間の土佐くろしお鉄道運賃
  + 200円…窪川〜若井間の土佐くろしお鉄道運賃)
青春18きっぷ中村・宿毛線フリーきっぷ: 4,300円
  (2,300円…18きっぷ一日分
  + 2,000円…中村・宿毛線フリーきっぷ一枚
四国再発見早トクきっぷ: 4,970円
  (2,000円…四国再発見早トクきっぷ一枚
  + 1,550円…窪川〜中村〜宿毛間の土佐くろしお鉄道運賃
  + 1,420円…宿毛〜中村〜若井間の土佐くろしお鉄道運賃)
四国再発見早トクきっぷ中村・宿毛線フリーきっぷ: 4,000円
  (2,000円…四国再発見早トクきっぷ一枚
  + 2,000円…中村・宿毛線フリーきっぷ一枚)
四国フリーきっぷ: 5,234円
  (5,234円…四国フリーきっぷ一日分)
四国グリーン紀行: 5,000円
  (5,000円…四国グリーン紀行一日分)
四万十・宇和海フリーきっぷ: 4,020円
  (1,200円…四万十・宇和海フリーきっぷ一日分
  + 2,820円…高知〜窪川間のJR乗車券×2 …片道1,410円)

<路線地図>
 今回走破した路線の一部
 ・土讃線 (高知〜窪川)
 ・土佐くろしお鉄道 中村・宿毛線 (窪川〜中村〜宿毛)

大きな地図で見る

 ・予土線 (吉野生〜若井)
 ・土佐くろしお鉄道 中村線 (若井〜窪川)
 ・土讃線 (窪川〜高知)

大きな地図で見る


<コメント>
 1日目は高知市から西側の鉄道路線を乗りつぶしていきます。
 土佐くろしお鉄道中村・宿毛線は盲腸線なので、かなり効率が悪いですが高知駅を出発して中村・宿毛線を往復し、次に予土線を往復する形としました。
 中村・宿毛線の終点宿毛駅と愛媛県の宇和島駅との間には路線バスも通っているのでそちらを利用した方が、また違った景色を楽しめるし効率よく路線を巡れる可能性が高いです。

 それでは最初に高知駅から土讃線で窪川駅まで。
 土讃線の高知〜窪川間については須崎〜窪川間の普通列車本数が高知〜須崎間に比べてかなり少ないのでちょっと注意です。
 高知〜窪川間は特急列車も存在しますが、同じ土讃線の多度津〜高知間と比べるとこれまた少ないため、この区間の移動については事前に計画していた方がいいかもしれません。
 須崎駅近辺は海に近く、須崎〜土佐久礼間で土佐湾を臨むこともできますが、土讃線(高知〜窪川)で海岸線に沿って路線が敷かれているのはこの区間のみとなります。

 窪川駅からは土佐くろしお鉄道の路線に乗り換えます。
 中村・宿毛線の普通列車は2時間に1本以上の連絡があり、JRからの接続もそんなに悪くありません。
 窪川〜中村が中村線、中村〜宿毛が宿毛線で大抵は中村駅で乗り換えが必要になります。
 中村駅からは四国の清流四万十川が近く、四万十川沿線の観光地への玄関口とも言えます。
 四万十川と言えば『沈下橋』で有名ですね。
 沈下橋は川が増水した時に沈んでしまうように設計された橋のことで、四万十川にはこの沈下橋がいくつか存在します。
 よくテレビ番組でも紹介されているので知っている人も多いのではないでしょうか。

 中村駅で列車を乗り換え、終点の宿毛駅まで。
 宿毛(読み:すくも)は高知で見られる「だるま夕日」の中でも特に綺麗に見えることで有名です。
 だるま夕日は冬の風物詩なので、ただ今シーズン真っ最中となります。
 鉄道路線は土佐くろしお鉄道の終点宿毛駅でストップとなりますが、上述したように宇和島までの路線バスや、九州は大分の佐伯まで移動可能なフェリーも存在します。
 ただし、宿毛のフェリー乗り場は宿毛駅から2.5kmほどあるので徒歩での移動は30分以上かかることになります。
 宿毛〜佐伯間のフェリーの詳細は宿毛フェリーのWebサイトを参考にしてください。
 また、前述した中村駅や宿毛駅から四国最南端の足摺岬(読み:あしずりみさき)まではバスの連絡があります。
 中村駅から足摺岬は時間にして1時間40分程度とかなり離れています。

 中村・宿毛線を往復して若井駅まで戻ってきたら予土線の列車に乗り換えましょう。
 予土線は「しまんとグリーンライン」の愛称があり、四万十川の上流部に沿って路線が敷かれています。
 真土駅が愛媛県側の県境駅となりますが、駅舎のある吉野生駅まで乗車することにしてみました。
 吉野生駅から折り返しの列車で高知駅まで戻ってこの日は終了となります。


 フリーパスの料金を比べてみると18きっぷを利用したケースが土佐くろしお鉄道の運賃が別途かかってしまうため高値になってしまうことがわかります。
 土讃線⇔予土線の移動で必ず通過することになる窪川〜若井間も別料金となります。
 18きっぷのみで移動するケースは特急が利用できる四国フリーきっぷや四国グリーン紀行の一日分よりもお高くなってしまうので、ちょっといただけませんね。
 四国再発見早トクきっぷは18きっぷ一日分よりも300円安く、窪川〜若井間もフリーになるので18きっぷよりは若干マシといった感じ。
 そこで18きっぷや四国再発見早トクきっぷと一緒に利用したいのが、土佐くろしお鉄道の「中村・宿毛線フリーきっぷ」です。
 いくつか種類があり、例えば窪川〜宿毛間の普通列車一日乗り放題となるものは一枚2,000円となっています。
 これを利用すればだいぶ運賃をおさえることができますよ。

 もっと安く運賃を抑えたいって人にお勧めなのが「四万十・宇和海フリーきっぷ」です。
 これもいくつか種類があり、予土線と土佐くろしお鉄道中村・宿毛線全区間+宇和島〜宿毛間の路線バスが3日間乗り降り自由になる切符は一枚3,600円という値段設定になっています。
 一日分が1,200円というのもすごいですが、この切符はなんと中村・宿毛線の特急列車(自由席)も利用できるのです。
 宇和島〜宿毛間の路線バスも利用できるので、窪川→(中村・宿毛線)→宿毛→(路線バス)→宇和島→(予土線)→窪川のように路線を攻略するようにすれば効率よく移動できる上に費用も低く抑えることが可能となります。
 ただ、この場合は土讃線(高知〜窪川)は別料金となるので、ここは18きっぷや四国再発見早トクきっぷで移動するのもいいでしょう。



◎本日走破した路線

JR
 ・土讃線 (高知〜窪川)
 ・予土線 (若井〜吉野生)

土佐くろしお鉄道
 ・中村線 (窪川〜若井〜中村)
 ・宿毛線 (中村〜宿毛)


●残る未走破路線

JR
 ・土讃線 (大歩危〜後免〜高知)

土佐くろしお鉄道
 ・ごめん・なはり線 (後免〜後免町〜安芸〜奈半利)

阿佐海岸鉄道
 ・阿佐東線 (甲浦〜宍喰)

土佐電気鉄道
 ・桟橋線 (高知駅前〜はりまや橋〜桟橋通五丁目)
 ・ごめん線 (後免町〜はりまや橋)
 ・伊野線 (はりまや橋〜伊野)
posted by ウェアケン at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第18回: 高知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク