2010年10月20日

熊本3日目 〜鹿児島本線・熊本電鉄(菊池線, 藤崎線)・熊本市電(2系統, 3系統)を走破〜

熊本 (熊本県)
発 08:23 (※ 八代07:33発)
JR 鹿児島本線 銀水行き
  (上熊本08:26着, 玉名08:55着, 長洲09:03着,
   荒尾09:11着, 銀水09:19着)
大牟田 (福岡県)
着 09:16
発 09:40 (※ 銀水09:36発)
JR 鹿児島本線 八代行き
  (長洲09:51着, 玉名09:59着, 熊本10:32着, 宇土10:44着,
   松橋10:49着, 新八代11:04着, 八代11:08着)
上熊本 (熊本県)
着 10:28
発 10:50
熊本電鉄 菊池線 北熊本行き
北熊本 (熊本県)
着 10:59
発 11:01
熊本電鉄 菊池線 御代志行き
御代志 (熊本県)
着 11:21
発 11:41
熊本電鉄 菊池線・藤崎線 藤崎宮行き
  (北熊本12:01着)
藤崎宮 (熊本県)
着 12:07
発 12:25
熊本電鉄 藤崎線・菊池線 御代志行き
  (御代志12:51着)
北熊本 (熊本県)
着 12:31
発 13:02
熊本電鉄 菊池線 上熊本行き
上熊本 (熊本県)
着 13:11
徒歩すぐ近く
上熊本駅前 (※電停, 熊本県)
発 13:32 {13:28…土曜, 13:34…休日}
熊本市電 3系統 健軍町行き
  (辛島町13:47着, 熊本城前13:49着, 水前寺駅通14:04着,)
健軍町 (熊本県)
着 14:17 {14:13…土曜, 14:19…休日}
発 14:26 {14:23…土休日}
熊本市電 2系統 田崎橋行き
  (水前寺駅通14:40着, 熊本駅前14:55着, 辛島町14:57着)
田崎橋 (熊本県)
着 15:10 {15:07…土休日}

(10/10/15調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 8回
総距離: 約139.8km
所要時間: 6時間17分
乗車時間合計: 4時間10分
乗継時間合計: 2時間7分
通常料金: 3,110円
  (910円…熊本〜大牟田間のJR乗車券
  + 910円…大牟田〜上熊本間のJR乗車券
  + 390円…上熊本〜北熊本〜御代志間の熊本電鉄運賃
  + 360円…御代志〜北熊本〜藤崎宮前間の熊本電鉄運賃
  + 240円…藤崎宮前〜北熊本〜上熊本間の熊本電鉄運賃
  + 150円…上熊本駅前〜健軍町間の熊本市電運賃
  + 150円…健軍町〜田崎橋間の熊本市電運賃)
青春18きっぷ: 通常料金の方が安い
  (2,300円…18きっぷ一日分
  + 390円…上熊本〜北熊本〜御代志間の熊本電鉄運賃
  + 360円…御代志〜北熊本〜藤崎宮前間の熊本電鉄運賃
  + 240円…藤崎宮前〜北熊本〜上熊本間の熊本電鉄運賃
  + 150円…上熊本駅前〜健軍町間の熊本市電運賃
  + 150円…健軍町〜田崎橋間の熊本市電運賃)
旅名人の九州満喫きっぷ: 通常料金の方が安い
  (3,500円…九州満喫きっぷ一回分)

<路線地図>
 今回走破した路線の一部
 ・鹿児島本線 (大牟田〜上熊本)
 ・熊本電鉄 (上熊本〜北熊本〜御代志)

大きな地図で見る

 ・熊本電鉄 (藤崎宮前〜北熊本〜上熊本)
 ・熊本市電 (上熊本駅前〜健軍町)

大きな地図で見る

 ・熊本市電 (健軍町〜田崎橋)

大きな地図で見る

<コメント>
 熊本3日目、最後は熊本北側の路線の制覇です。
 とはいっても、前2日間でほとんどの路線を走破しているのでそんなに時間はかからないはず。
 後残っているのは、鹿児島本線の北側部分と熊本市内を走る熊本電気鉄道と熊本市電のみです。

 まずは鹿児島本線で福岡県側の県境駅の大牟田駅まで進みます。
 来年3月に全線開業となる九州新幹線鹿児島ルートの新大牟田駅は在来線の大牟田駅から北東に7キロほど離れた場所に設置されることになっています。
 同じ大牟田市内に設置されることに変わりはありませんが、鹿児島本線で言えば大牟田駅よりも吉野駅の方が距離的に近くなります。
 それでも結構な距離はありますが。。
 ちなみに熊本県内の新幹線停車駅となっている新玉名駅も在来線の玉名駅からは北に4,5km離れた場所に設置される予定です。

 大牟田駅から折り返して上熊本駅まで戻ってきたら、熊本電鉄の路線に乗り換えます。
 上熊本駅はJRと熊本電鉄で駅舎が別ですが至近位置にあるので乗り換えはすぐにできます。
 上熊本〜北熊本間は1時間に2本のダイヤが組まれているのでJRや熊本市電からの接続はいい感じです。
 北熊本駅からは合志市の御代志駅までの路線(菊池線)と、藤崎宮前までの路線(藤崎線)に分かれます。
 かつて菊池線は合志市の先の菊池市まで路線が延びていましたが、廃止され路線名だけ残った形になります。

 熊本電鉄の菊池線と藤崎線をそれぞれ往復して上熊本駅まで戻ってきたら路面電車の攻略に移ります。
 熊本市電は上熊本駅から終点の健軍町に向かう3系統と熊本駅付近から同じく終点の健軍町に向かう2系統に分かれます。
 3系統始点の上熊本駅前電停には駅舎(?)があって正面から見ると大層立派な建物に見えます。
 でも近づいてみてみると…どういう構造になっているのかすぐわかっちゃうわけですが。。
 この駅舎はもともとJRの上熊本駅の旧駅舎として使われていたものを再利用したものだそうです。

 熊本市電と熊本電鉄どちらとも利用するのであれば『わくわく1dayパス』というフリーパスも販売されています。
 このパスは何種類かあるのですが、市電や熊本電鉄の他に市営バスや産交バスなども利用可能となりその他いろいろと特典も付くありがた〜いフリーパスです。
 しかも一番利用範囲の狭い「区間指定1」は大人500円という安さ!
 でも市電は全線フリーなんですけど、熊本電鉄線は利用可能区間が(上熊本or藤崎宮〜堀川)と限定されています。
 そのため、今回のように各路線を一往復するだけだと通常の料金とあまり変わらないことになってしまいます。
 熊本市内観光であちこち動き回るケースではすごく役に立ちそうなパスなんですけどねー
 ちなみに熊本県内の路線バスなどがフリーとなる熊本県内版の「わくわく1dayパス」もあり、こちらは一枚1,500円となっています。

 「わくわく1dayパス」の特典の1つに熊本城の入場割引などがあります。
 熊本城はJRで言うと位置的に熊本駅と上熊本駅のだいたい中央にあるのでアクセスは熊本市電が便利です。
 熊本城周辺には複数の電停があるので一概にどれが一番近いとは言えませんが、一般的には熊本城前電停か市役所前電停から徒歩という形で訪れることになりそうです。
 熊本城とはまったく話は別ですが、市電の水前寺駅通電停からは至近位置に豊肥本線の新水前寺駅があるので相互乗り換えに使えます。

 市電を3系統→健軍町→2系統と乗り継いで田崎橋まで乗り継いだら、無事熊本の路線は制覇、ということになります。
 田崎橋電停からJR熊本駅は結構近くて徒歩で7,8分といったところでしょう。
 田崎橋からまた折り返し市電を利用して、熊本駅前電停で下車するのもOKです。



◎本日走破した路線

JR
 ・鹿児島本線 (熊本〜上熊本〜大牟田)

熊本電鉄
 ・菊池線 (上熊本〜北熊本〜御代志)
 ・藤崎線 (北熊本〜藤崎宮前)

熊本市電
 ・3系統 (上熊本駅前〜健軍町)
 ・2系統 (健軍町〜田崎橋)


●残る未走破路線

熊本県の全路線制覇!
posted by ウェアケン at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第15回: 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

熊本2日目 〜三角線・南阿蘇鉄道高森線・豊肥本線を走破〜

熊本 (熊本県)
発 06:24
JR 鹿児島本線・三角線 三角行き
  (宇土06:38着)
三角 (熊本県)
着 07:17
発 07:25
JR 三角線・鹿児島本線 熊本行き
  (宇土08:00着)
熊本 (熊本県)
着 08:14
発 08:44
JR 豊肥本線 宮地行き
  (新水前寺08:53着, 水前寺08:55着, 武蔵塚09:10着,
   光の森09:13着, 三里木09:15着, 肥後大津09:24着,
   赤水09:54着, 内牧10:02着, 阿蘇10:07着, 宮地10:13着)
立野 (熊本県)
着 09:37
発 09:44
南阿蘇鉄道 高森線 高森行き
  (阿蘇下田城ふれあい温泉09:56着, 南阿蘇水の生まれる里白水高原09:59着)
高森 (熊本県)
着 10:15
発 10:28
南阿蘇鉄道 高森線 立野行き
  (南阿蘇水の生まれる里白水高原10:41着, 阿蘇下田城ふれあい温泉10:43着)
立野 (熊本県)
着 10:54
発 11:05
JR 豊肥本線(阿蘇高原線) 宮地行き
  (赤水11:23着, 内牧11:33着, 阿蘇11:38着,
   いこいの村11:41着)
宮地 (熊本県)
着 11:45
発 13:10
JR 豊肥本線(阿蘇高原線) 豊後竹田行き
  (豊後荻13:38着)
豊後竹田 (大分県)
着 13:53
発 14:25
JR 豊肥本線(阿蘇高原線) 宮地行き
  (豊後荻14:41着)
宮地 (熊本県)
着 15:08
発 16:14
JR 豊肥本線(阿蘇高原線) 肥後大津行き
  (いこいの村16:17着, 阿蘇16:20着, 内牧16:24着,
   赤水16:32着, 立野16:48着)
肥後大津 (熊本県)
着 17:01
発 17:43
JR 豊肥本線(阿蘇高原線) 熊本行き
  (三里木17:52着, 光の森17:55着, 武蔵塚18:02着,
   水前寺18:11着, 新水前寺18:13着)
熊本 (熊本県)
着 18:22

(10/10/15調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 9回
総距離: 約284.4km
所要時間: 11時間58分
乗車時間合計: 7時間4分
乗継時間合計: 4時間54分
通常料金: 6,110円
  (720円…熊本〜三角間のJR乗車券
  + 1,430円…三角〜立野間のJR乗車券
  + 940円…立野〜高森間の南阿蘇鉄道運賃×2 …片道470円
  + 1,250円…立野〜豊後竹田間のJR乗車券
  + 1,770円…豊後竹田〜熊本間のJR乗車券)
青春18きっぷ: 3,240円
  (2,300円…18きっぷ一日分
  + 940円…立野〜高森間の南阿蘇鉄道運賃×2 …片道470円)
旅名人の九州満喫きっぷ: 3,500円
  (3,500円…九州満喫きっぷ一回分)

<路線地図>
 今回走破した路線の一部
 ・三角線 (三角〜宇土)
 ・鹿児島本線 (宇土〜熊本)
 ・豊肥本線 (熊本〜立野)
 ・南阿蘇鉄道 (立野〜高森)

大きな地図で見る

 ・豊肥本線 (立野〜豊後竹田)

大きな地図で見る

<コメント>
 熊本編2日目は豊肥本線をメインにその沿線を攻略していきます。
 豊肥本線は熊本〜大分を結ぶ路線で、県境の豊後荻駅までは乗り換えなしで2時間半ほどかかります。
 通常は肥後大津駅や宮地駅で乗り換えが必要で、熊本駅から離れて県境に近づくほど接続される普通列車は少なくなります。
 県境を含めた区間(宮地〜豊後竹田)は1日5往復しかない上に、途中の立野駅から分岐される南阿蘇鉄道の乗りつぶしも考慮に入れるとおのずと選択されるダイヤは決まってしまいます。
 ということで、熊本駅のスタートを若干遅めにすると豊肥本線と南阿蘇鉄道が攻略しやすくなるようです。
 朝の余った時間は、三角線の乗りつぶしに当てることにしましょう。

 三角線は熊本県の宇土半島を東西に走る路線で、終点は西側先端三角港の近くの三角駅となっています。
 昔は三角港から湾を挟んですぐ近くの長崎県島原までを結ぶフェリーも存在していましたが、現在は廃止されてしまいました。
 三角の読みは『みすみ』で、「さんかく」ではないのでちょっと注意。
 かく言う私も「さんかく」と読むのだと勘違いしていた時期がありました(^_^;)
 三角線の区間は宇土〜三角ですが、すべて熊本駅発着となっていて、現在1時間に1本程度のダイヤ構成となっています。
 熊本〜三角の所要時間は50分程度ですが、途中、海岸線に沿って路線が敷設されている個所もあるので海を眺めながら移動したいって人にはいいかもです。
 平日は普通列車のみですが、土休日には快速列車「天草グルメ快速おこしき」が1往復ですが運行されています。
 「グルメ」と銘打っているので期待される人も多いかもしれませんが、岩手県三陸鉄道の産直列車のようなサービスはないようです。

 三角線を往復して熊本駅に戻ってきたら豊肥本線の制覇へと移ります。
 熊本駅から宮地駅まで通して乗車してしまうと宮地駅で数時間単位の待ち時間ができるので、この時間を利用して途中の立野駅起点の盲腸線、南阿蘇鉄道高森線を往復して走破することにします。
 豊肥本線は「阿蘇高原線」の愛称があり、その名の通り、有名な阿蘇のカルデラの中を走ります。
 豊肥本線の立野〜宮地間は阿蘇山の北側を横断し、南阿蘇鉄道はこちらも名前通り阿蘇山の南側を横断する路線となっています。
 この間の車窓は阿蘇山の雄大な自然風景を楽しめるのでおススメです。
 阿蘇山北側、南側路線の分岐駅となる立野駅はスイッチバックの駅としても知られています。
 上記路線地図を拡大して見てもらえるとどのような構造になっているかがよくわかります。

 南阿蘇鉄道では土休日や長期休暇中にトロッコ列車が運行されています。
 トロッコ列車は全車指定席なので予約が必要、乗車料金とは別にトロッコ料金500円(大人)がかかります。
 普通列車扱いではありますが、九州満喫きっぷでは乗車できないので注意が必要です。
 トロッコ列車以外の列車であれば九州満喫きっぷで乗車可能です。

 南阿蘇鉄道を往復して立野駅に戻ってきたら豊肥本線の攻略を再開します。
 豊肥本線の大分県側県境駅は豊後荻駅ですが、みどりの窓口のある豊後竹田駅まで進んで折り返した方が、そんなに時間もかからずに折り返しの列車に乗車できるので豊後竹田駅まで進むことにしました。
 後は熊本駅まで来た道を戻ってこの日は終了です。
 豊肥本線を熊本から終点の大分まで通して乗車して、日豊本線経由で熊本まで戻ってくるのは時間がかかりすぎて現実的ではないので、やはり往復して走破するのが一番の近道でしょう。
 一部区間を九州横断特急等でショートカットするのもいいかもしれませんが、九州横断特急は一日4往復しかしないので普通列車との接続がいまいちなんですよねー



◎本日走破した路線

JR
 ・三角線 (宇土〜三角)
 ・豊肥本線 (熊本〜立野〜宮地〜豊後竹田)

南阿蘇鉄道
 ・高森線 (立野〜高森)


●残る未走破路線

JR
 ・鹿児島本線 (大牟田〜上熊本〜熊本)

熊本電鉄
 ・菊池線 (上熊本〜北熊本〜御代志)
 ・藤崎線 (北熊本〜藤崎宮前)

熊本市電
 ・2系統 (田崎橋〜健軍町)
 ・3系統 (上熊本駅前〜健軍町)
posted by ウェアケン at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第15回: 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク