2010年06月18日

鹿児島2日目 〜鹿児島市電2系統・肥薩線・吉都線(えびの高原線)・日南線を走破〜

鹿児島中央駅前電停, 鹿児島県)
発 06:11 (※ 郡元06:00発)
鹿児島市電 2系統 鹿児島駅前行き
  (高見馬場06:15着)
鹿児島駅前電停, 鹿児島県)
着 06:22
徒歩すぐ近く
鹿児島 (鹿児島県)
発 06:34
JR 日豊本線 国分行き
  (鹿児島06:34着, 重富06:48着, 姶良06:51着, 帖佐06:54着,
   加治木07:00着, 国分07:11着)
隼人 (鹿児島県)
着 07:06
発 07:07
JR 肥薩線 吉松行き
  (嘉例川06:15着, 霧島温泉07:38着, 大隅横川07:48着)
吉松 (鹿児島県)
着 08:10
発 09:04
JR 肥薩線(えびの高原線) 人吉行き
  (真幸09:16着, 矢岳09:33着, 大畑09:49着)
人吉 (熊本県)
着 10:01
発 10:06
JR 肥薩線 [いさぶろう1号] 吉松行き
  (大畑10:21着, 矢岳10:47着, 真幸11:05着)
吉松 (鹿児島県)
着 11:19
発 11:52 (※ 隼人10:33発)
JR 吉都線(えびの高原線) 都城行き
  (京町温泉11:59着, 小林12:29着, 高原12:42着)
都城 (宮崎県)
着 13:19
発 13:40 (※ 西都城13:36発)
JR 日豊本線 宮崎行き
  (清武14:28着, 宮崎14:38着)
南宮崎 (宮崎県)
着 14:34
発 14:51
JR 日南線 油津行き
  (田吉14:54着, 子供の国15:11着, 青島15:14着,
   北郷15:43着, 飫肥15:54着, 日南16:01着)
油津 (宮崎県)
着 16:04
発 16:16
JR 日南線 志布志行き
  (南郷16:28着, 福島高松17:13着)
志布志 (鹿児島県)
着 17:27
発 17:58
JR 日南線 南宮崎行き
  (福島高松18:11着, 南郷18:57着, 油津19:10着,
   日南19:22着, 飫肥19:28着, 北郷19:39着, 青島20:07着,
   子供の国20:10着, 田吉20:29着)
南宮崎 (宮崎県)
着 20:33
発 21:03 (※ 佐土原20:36発)
JR 日豊本線 鹿児島中央行き
  (清武21:10着, 都城22:03着, 五十市22:10着,
   霧島神宮22:40着, 国分22:52着, 隼人22:56着,
   加治木23:02着, 帖佐23:08着, 鹿児島23:29着)
鹿児島中央 (鹿児島県)
着 23:33

(10/06/18調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 10回
総距離: 約548.4km
所要時間: 17時間22分
乗車時間合計: 13時間46分
乗継時間合計: 3時間36分
通常料金: 11,050円
  (160円…鹿児島中央駅前〜鹿児島駅前間の鹿児島市電運賃
  + 2,070円…鹿児島〜隼人〜吉松〜人吉間のJR乗車券
  + 4,620円…人吉〜吉松〜都城〜南宮崎〜志布志間のJR乗車券
  + 4,200円…志布志〜南宮崎〜国分〜鹿児島中央間のJR乗車券)
青春18きっぷ: 2,460円
  (2,300円…18きっぷ一日分
  + 160円…鹿児島中央駅前〜鹿児島駅前間の鹿児島市電運賃)
旅名人の九州満喫きっぷ: 3,500円
  (3,500円…九州満喫きっぷ一回分)

<路線地図>
 今回走破した路線の一部
 ・肥薩線 (隼人〜吉松〜人吉)

大きな地図で見る

 ・吉都線 (吉松〜都城)
 ・日豊本線 (都城〜南宮崎)
 ・日南線 (南宮崎〜志布志)

大きな地図で見る

<コメント>
 鹿児島2日目。前回宣言した通り、残りの路線を全部片付けていきます。

 やっかいなのは日南線の終点付近の鹿児島区間の攻略です。
 鹿児島中央〜志布志間を日豊本線・日南線経由で普通列車を乗り継ぐと、うまく乗り継いだとしても片道6時間近くもかかってしまいます。
 往復だとまさに半日は必要となるわけで、下手すると1日がけで日南線の攻略に時間を費やしてしまうことになりかねません。
 ですので間違ってもスケジュールの頭に日南線の攻略を持ってこないことです。
 夕方あたりに日南線終点の志布志駅に到着できるようにして、スケジュールの前半は他の路線の攻略に当てます。
 日が暮れるまでに日南線を走破してしまえば、後は復路がまっ暗闇でも問題ありません。

 今回は路線を往復するという最も時間がかかる手段をとりましたが、志布志まではいくつかの駅からバスが出ているのでそれを利用するのもいいでしょう。
 志布志までの路線バスを利用できる主な駅は、鹿児島中央駅(鹿児島駅)、国分駅、都城駅です。
 ただし、本数も1日4〜5本と少なく鉄道の接続はあまりよくありません。
 しかも1,2年前の時刻表は見つかるのですが、バス運行会社から正式に発表されている時刻表はネットでは見つけられませんでした。
 ちなみに鹿児島中央〜志布志間の急行バスによる所要時間は2時間40分くらい、国分〜志布志間は1時間30分くらいとなっています。

 スケジュールの後半は日南線の攻略で時間が割かれてしまうので、前半にまだ未走破の個所を攻略してしまいましょう。
 まずは鹿児島市電2系統で鹿児島駅前まで移動します。
 そこからJR日豊本線に乗り換えるわけですが、このままだと鹿児島本線(鹿児島中央〜鹿児島)の日中走破が達成できていないような気がしませんか?
 でも大丈夫、鹿児島本線(鹿児島中央〜鹿児島)は1日目の日中にわざわざ往復する形で攻略しておきました。

 日豊本線隼人駅からは肥薩線の列車に乗り換えて人吉駅(熊本県)を目指します。
 肥薩線の熊本県側県境駅は真幸駅なのですが、人吉駅まで歩を進めるのは、真幸駅で折り返すとしたら数時間単位の待ち時間ができてしまうからです。
 というのは表向きの理由で、本当は日本三大車窓と観光列車「いさぶろう」のフル乗車を楽しむためです。

 吉松駅で乗り換え人吉駅まで来たら、すぐに折り返しの連絡となる観光列車「いさぶろう1号」に乗り換えます。
 いさぶろう号は観光列車とはいえ、普通列車の扱いとなっているので18きっぷ等でも問題なく乗車可能です。
 一部指定席となっていますが、こちらも指定席券を購入すれば問題ありません。

 この人吉〜吉松間で運行される「いさぶろう」ですが、これは吉松行きの列車の愛称で、人吉行きの場合は「しんぺい」と名前が変わります。
 「いさぶろう・しんぺい」の客車はノスタルジックな雰囲気の造りになっていて、中央脇付近に展望スペースがあるのが特徴です。
 その展望スペースから是非とも眺望してもらいたいのが矢岳駅〜真幸駅の間の日本三大車窓の一つにあげられる「矢岳越え」といわれる個所です。
 肥薩線(人吉〜吉松)は山中を突っ走る路線で、矢岳駅を出て長〜いトンネルを抜けて真幸駅まで行く途中に盆地とそれを囲む山々が織りなす絶景のポイントがあります。
 長野の姨捨駅(こちらも日本三大車窓の一つ)からの眺めもそうですが、高いところから下界を覗き込むと自然の雄大さと同時に、人間のちっぽけさや儚さを感じてしまうのは私だけでしょうか?

 吉松駅まで戻ってきたら吉都線で都城駅まで行ってしまいます。
 吉都線の鹿児島県区間は吉松〜京町温泉とかなり短く、大部分は宮崎県側となるのですが、日南線へとつなぐため致し方ありません。
 ちなみに吉都線&肥薩線(吉松〜隼人)は日豊本線のう回路として利用できることもあるので、国分〜都城間で連絡がなく行き詰ったらこちらのルートを確認してみるとイイかも。
 日豊本線ではストップしてしまうけど吉都線経由だともうちょっと進める、なんてときもあります。

 都城から先は日豊本線・日南線と鹿児島攻略とはなんら関係のない路線を乗り継いで、鹿児島に属する日南線の終点志布志駅を目指すだけです。
 志布志到着は17時半ごろと冬場はちょっと怪しいかもしれませんが、なんとか日が出ている間に日南線を走破することができます。
 ただ、この時間だと鹿児島市へ戻るバスも出ていないので、また普通列車を6時間近く乗り継いで戻ることに…
 鹿児島編は日南線の攻略さえなければ、2日目のかなり早い段階で全路線制覇となるんですけどね〜〜



◎本日走破した路線

JR
 ・日豊本線 (鹿児島〜隼人, 都城〜南宮崎)
 ・肥薩線 (隼人〜吉松〜人吉)
 ・吉都線 (吉松〜都城)
 ・日南線 (南宮崎〜志布志)

鹿児島市電
 ・2系統 (鹿児島駅前〜高見馬場〜鹿児島中央駅前)


●残る未走破路線

鹿児島県の全路線制覇!!
posted by ウェアケン at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第10回: 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。