2010年05月12日

岐阜3日目 〜長良川鉄道越美南線・高山本線を走破〜

岐阜 (岐阜県)
発 05:41
JR 高山本線 美濃太田行き
  (鵜沼06:02着)
美濃太田 (岐阜県)
着 06:14
発 06:26
長良川鉄道 越美南線 北濃行き
  (06:53着, 美濃市07:02着, 湯の洞温泉口07:10着,
   みなみ子宝温泉07:24着, 郡上八幡07:52着, 美濃白鳥08:25着)
北濃 (岐阜県)
着 08:34
発 08:54
長良川鉄道 越美南線 美濃太田行き
  (美濃白鳥09:03着, 郡上八幡09:34着, みなみ子宝温泉09:59着,
   湯の洞温泉口10:12着, 美濃市10:18着, 10:32着)
美濃太田 (岐阜県)
着 10:51
発 12:40
JR 高山本線 高山行き
  (白川口13:13着, 飛騨金山13:29着, 下呂13:58着,
   飛騨萩原14:14着, 飛騨小坂14:29着, 久々野14:46着)
高山 (岐阜県)
着 15:22
発 15:51
JR 高山本線 猪谷行き
  (飛騨古川16:07着, 坂上16:32着)
猪谷 (富山県)
着 16:58
発 17:15
JR 高山本線 高山行き
  (坂上17:40着, 飛騨古川18:04着)
高山 (愛知県)
着 18;26
発 18:54
JR 高山本線 美濃太田行き
  (久々野19:09着, 飛騨小坂19:26着, 飛騨萩原19:41着,
   下呂19:52着, 飛騨金山20:16着, 白川口20:32着)
美濃太田 (岐阜県)
着 21:11
発 21:22 (※ 多治見20:48発)
JR 高山本線 岐阜行き
  (鵜沼21:33着)
岐阜 (岐阜県)
着 22:00

(10/05/12調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 7回
総距離: 約522.6km
所要時間: 16時間19分
乗車時間合計: 13時間33分
乗継時間合計: 2時間46分
通常料金: 10,290円
  (480円…岐阜〜美濃太田間のJR乗車券
  + 3,300円…美濃太田〜北濃間の長良川鉄道運賃×2
  + 2,940円…美濃太田〜高山〜猪谷間のJR乗車券
  + 3,570円…猪谷〜高山〜岐阜間のJR乗車券)
青春18きっぷ: 5,600円
  (2,300円…18きっぷ一日分
  + 3,300円…美濃太田〜北濃間の長良川鉄道運賃×2)
青空フリーパス: 9,580円
  (2,500円…青空フリーパス1枚
  + 3,300円…美濃太田〜北濃間の長良川鉄道運賃×2
  + 3,780円…下呂〜高山〜猪谷間のJR乗車券×2)

<路線地図>
 今回走破した路線の一部
 ・高山本線 (岐阜〜美濃太田)
 ・長良川鉄道 越美南線 (美濃太田〜北濃)

大きな地図で見る

 ・高山本線 (美濃太田〜高山〜猪谷)

大きな地図で見る

<コメント>
 長良川鉄道と高山本線の攻略はかなり苦労するだろうな、と予想していましたが、長良川鉄道を始めに持ってきて組み合わせてみたらビックリするほど素直に乗りつぶせることがわかりました。
 これで秋田編同様3日で路線制覇が可能となります。

 以下、順を追ってみていきます。
 始めの岐阜から美濃太田間の移動は6時前で冬場はまだ暗いかもしれません。
 でも1に目で走破済みなのでOKとなります。
 長良川鉄道を往復して戻ってきたら、美濃太田駅で2時間ほど時間ができるので、その間美濃太田〜岐阜を往復してしまうのもいいでしょう。

 美濃太田駅からは長良川鉄道越美南線の列車に乗り換えます。
 ?越美南線???南ってことは北もあるの?
 と疑問に思った方もいるでしょう。
 越美北線ももちろんあります。
 でも岐阜県にはないし、長良川鉄道でもありません。
 では、どこに。。。?

 越美南線、越美北線の「越美」の意味を考えると答えが見えてきます。
 「越美」の「美」は『美濃』つまり現在の岐阜県南部を意味し、「越」は『越前』を意味しています。
 そうです、越美北線は越前の国、福井県にあるのです。

 同じお隣同士とはいえ違う県で、同じ「越美」を冠した路線名を使用している経緯といえば。。。
 恐らく今みなさんが考えている通りです…この2つの路線は国鉄時代にもともとは岐阜県の美濃太田駅と福井県の越前花堂駅を結ぶ「越美線」として計画が進められていたのだそうです。
 それが途中で工事が中止され現在のように越美北線(九頭竜線)はJRが、越美南線は三セクの長良川鉄道が引き継ぐ形となりました。
 越美南線と越美北線を結ぶ交通手段としては越美南線美濃白鳥駅と越美北線の終点九頭竜湖駅との間でJRバスが運行されていたようですが現在は中止されています。

 長良川鉄道では土休日限定となりますが一日フリー切符(2,000円)を販売しているので、越美南線の往復にこれを利用すれば千円以上お得になります。

 折り返しの列車で美濃太田まで戻ってきたらついに岐阜県と富山県をつなぐ高山本線の攻略です。
 高山本線については飛騨の小京都、高山へのアクセス路線となっているので普通列車もそんなに少ないわけではありません。
 ただ、それを目的としている人が多いからだと思いますが、高山駅ですぐに富山方面行きの普通列車に乗り継ぐ場合、うまい具合にスムーズに乗り継げる列車はかなり限定されます。
 つまりは岐阜からでも富山からでも高山や下呂温泉、白川郷を目的に訪れる人がほとんどで、岐阜駅から富山駅(またはその逆)まで普通列車を乗り継いで移動するって人はなかなかいないからなのでしょうね。
 私は高山本線を岐阜から富山まで普通列車で乗り継いだ一人ですけどね。。。

 高山本線の途中で「白川口駅」というのがありますが、こちらは白川郷のある白川村とはまったく…とはいえないかもしれませんが関係ありません。
 こちらは県南東部の白川町の駅であり、世界遺産、合掌造りで有名な白川郷のある白川村は県北西部に位置します。
 ちょっと紛らわしいですね。
 ちなみに白川郷までは高山駅等からバスで移動が可能ですよ。
 高山から白川郷まではバスで50〜60分くらいです。

 高山本線の富山県側県境駅となる猪谷駅まで来たら、折り返し運転される列車で岐阜まで戻ります。
 猪谷駅の到着は17時ちょっと前なので冬場でもなんとか攻略できそうです。



◎本日走破した路線

JR
 ・高山本線 (美濃太田〜高山〜猪谷)

長良川鉄道
 ・越美南線 (美濃太田〜北濃)


●残る未走破路線

岐阜県の全路線制覇!!
posted by ウェアケン at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7回: 岐阜県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。