2010年05月05日

秋田3日目 〜秋田新幹線・花輪線・奥羽本線・五能線を走破〜

秋田 (秋田県)
発 08:02
JR 秋田新幹線 [こまち8号→はやて8号] 東京行き
  (大曲08:33着, 角館08:45着, 田沢湖08:59着, 仙台10:25着,
   大宮11:42着, 上野12:02着, 東京12:08着)
盛岡 (岩手県)
着 09:35
発 09:46
IGRいわて銀河鉄道・JR花輪線 大館行き
  (好摩10:11着, 安比高原10:50着, 荒屋新町11:05着,
   兄畑11:26着, 湯瀬温泉11:32着, 鹿角花輪11:45着,
   十和田南12:00着, 大滝温泉12:25着)
大館 (秋田県)
着 12:43
発 13:09 (※ 秋田11:00発)
JR 奥羽本線 弘前行き
  (津軽湯の沢13:27着, 碇ヶ関13:31着, 大鰐温泉13:39着)
弘前 (青森県)
着 13:51
発 14:56
JR 奥羽本線 秋田行き
  (大鰐温泉15:07着, 碇ヶ関15:15着, 津軽湯の沢15:20着,
   大館15:37着, 早口15:48着, 鷹ノ巣15:57着,
   二ツ井16:08着, 八郎潟16:55着, 秋田17:28着)
東能代 (秋田県)
着 16:24
発 16:30
JR 五能線 深浦行き
  (能代16:35着, あきた白神17:10着, 岩舘17:15着,
   大間越17:32着, ウェスパ椿山17:59着, 深浦18:15着)
十二湖 (青森県)
着 17:43
発 18:46 (※ 弘前16:09発)
JR 五能線 [快速 リゾートしらかみ6号] 秋田行き
  (岩舘19:05着, あきた白神19:10着, 能代19:33着,
   東能代19:39着, 八郎潟20:10着, 追分20:30着)
秋田 (秋田県)
着 20:43

(10/05/05調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 5回
総距離: 約541.3km
所要時間: 12時間41分
乗車時間合計: 9時間50分
乗継時間合計: 2時間51分
通常料金: 9,760円
  (5,570円…秋田〜盛岡〜好摩〜大館〜弘前のJR乗車券
  + 2,290円…秋田〜盛岡間のJR新幹線指定席特急券
  + 2,520円…弘前〜東能代〜十二湖間のJR乗車券
  + 1,890円…十二湖〜東能代〜秋田間のJR乗車券
  + 510円…リゾートしらかみの指定席券)
青春18きっぷ: 7,940円
  (2,300円…18きっぷ一日分
  + 2,210円…秋田〜盛岡間のJR乗車券
  + 2,290円…秋田〜盛岡間のJR新幹線指定席特急券
  + 630円…盛岡〜好摩間のいわて銀河鉄道運賃
  + 510円…リゾートしらかみの指定席券)
北海道&東日本パス: 7,010円
  (2,000円…北&東パス一日分
  + 2,210円…秋田〜盛岡間のJR乗車券
  + 2,290円…秋田〜盛岡間のJR新幹線指定席特急券
  + 510円…リゾートしらかみの指定席券)
東北ローカル線パス: 7,010円
  (2,000円…ローカル線パス一日分
  + 2,210円…秋田〜盛岡間のJR乗車券
  + 2,290円…秋田〜盛岡間のJR新幹線指定席特急券
  + 510円…リゾートしらかみの指定席券)

<路線地図>
 今回走破した路線の一部
 ・秋田新幹線 (秋田〜大曲〜盛岡)

大きな地図で見る

 ・いわて銀河鉄道 (盛岡〜好摩)
 ・花輪線 (好摩〜大館)
 ・奥羽本線 (大館〜弘前)

大きな地図で見る

 ・奥羽本線 (弘前〜東能代)
 ・五能線 (東能代〜十二湖)

大きな地図で見る

<コメント>
 秋田3日目、残りの路線を攻略していきます。
 初の3日以内クリアとなるでしょうか?

 まずは秋田新幹線で花輪線の列車が接続される盛岡まで進みます。
 秋田新幹線の岩手県側の県境駅は雫石駅となりますが、雫石駅は通過することが多いです。
 新幹線こまちは盛岡駅ではやてと連結されて運行されることもあり、全車指定席となるのがチト痛いですね。

 花輪線の区間は好摩〜大館ですが、すべての列車が盛岡駅から接続されます。
 ただ、盛岡〜好摩間はIGRいわて銀河鉄道の区間となるので18きっぷ利用者はこの区間の運賃が別に必要となるので注意。
 北&東パス、東北ローカル線パスであればIGRもフリーエリアに入っているので問題ありません。

 花輪線十和田南駅では坂でもないのになぜかスイッチバックがあります。
 これはなぜでしょう?
 路線地図を拡大してみてください。
 まるで路線の配置がターミナルにおける配置のようになっていますね。。
 このような路線配置にしたのは、だいぶ昔にこの十和田南駅と三戸駅を結ぶ路線の敷設計画があったからなのだそうです。

 大館からは奥羽本線を終点の弘前まで進んでしまいましょう。
 奥羽本線の青森県側の県境駅は津軽湯の沢駅なのですが、折り返しの列車までだいぶ時間が空くのでこのようにしました。
 ここから、奥羽本線で東能代まで進んで五能線の攻略となるわけですが、実は弘前駅14:34発秋田行きの快速列車リゾートしらかみ4号に乗車すれば五能線全域を走破できるのです。
 リゾートしらかみ4号を選んでいれば五能線パスも有効利用できそうですが…なぜそうしなかったのか?
 それは、東能代駅の到着時刻が18時ごろとなってしまい、それ以降残りの奥羽本線(鷹ノ巣〜大館)を攻略するのに日が暮れてしまうからです。
 そこで、弘前からは奥羽本線で東能代まで進んで、先に大館〜鷹ノ巣を走破し、東能代から五能線の青森県側県境に最も近いリゾートしらかみの停車駅となる十二湖駅まで普通列車で移動することに。
 そうすると、五能線の県境駅となる大間越駅には17時半ごろの到着となり、なんとかこの日のうちに秋田県の全路線制覇を達成することができます。

 ただ、リゾートしらかみは冬期は減便されるので運転日に注意する必要があります。
 ですので五能線の乗りつぶしを考えているのならリゾートしらかみが3往復運転となる夏季の方が計画を立てやすいです。
 それと快速列車なので各種フリーパスを利用できますが、全車指定席なので指定席券が別途必要で事前予約がかかせません。

 十二湖駅で折り返しのリゾートしらかみ6号を待つことにしましたが、深浦駅まで進んでしまっても乗り換えは可能です。
 リゾートしらかみ6号は秋田駅まで運行されるので、そのまま乗車し切って秋田駅まで戻ってきます。
 これで初めてこれまでの最短記録となる3日での全路線制覇となりました!



◎本日走破した路線

JR
 ・秋田新幹線 (秋田〜大曲〜角館〜盛岡)
 ・花輪線 (好摩〜大館)
 ・奥羽本線 (弘前〜大館〜東能代)
 ・五能線 (東能代〜十二湖)

いわて銀河鉄道 (盛岡〜好摩)


●残る未走破路線

秋田県の全路線制覇!!
posted by ウェアケン at 22:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 第6回: 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。