2017年11月25日

島根県3日目 〜三江線を走破〜 2017年度

出雲市 (島根県)
発 10:16
JR 山陰本線 浜田行き
江津 (島根県)
着 12:05
発 12:34
JR 三江線 浜原行き
浜原 (島根県)
着 14:41
発 17:08
JR 三江線 江津行き
江津 (島根県)
着 18:57
発 19:48
JR 山陰本線 出雲市行き
出雲市 (島根県)
着 21:18

<2012年当時との違い>
島根県3日目最終日は残っていた江津線島根県側区間の攻略となります。

江津線の浜原駅から折り返して戻ってくるとして、出雲市駅スタートとなると上記のように半日近くかかってしまいます。
三江線は上りの江津方面行きの列車で、江津駅に近づくところの川から日本海への合流部分の景色が個人的にはとても気に入っています。
これから三江線に乗車しようと考えている方には、広島県の三次駅付近で一泊してからの三江線上りの江津方面行き始発列車をおすすめします。
朝早く起きるのはちょっと大変かもしれませんが、この列車だと冬場でも江津付近の景色を楽しむことはできると思います。



◎本日走破した路線

JR
 ・三江線 (江津〜浜原)


●残る未走破路線

島根県の全路線制覇!
posted by ウェアケン at 10:41 | Comment(0) | 第19回: 島根県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

島根県2日目 〜山陰本線・山口線を走破〜

電鉄出雲市 (島根県)
発 06:44 {06:17…土休日}
一畑電車 北松江線 松江しんじ湖温泉行き
川跡 (島根県)
着 06:52 {06:25…土休日}
発 06:56 {06:29…土休日}
一畑電車 大社線 出雲大社前行き
出雲大社前 (島根県)
着 07:07 {06:40…土休日}
発 07:10 {06:56…土休日}
一畑電車 大社線 川跡行き
川跡 (島根県)
着 07:21 {07:07…土休日}
発 07:24 {07:08…土休日}
一畑電車 北松江線 電鉄出雲市行き
電鉄出雲市 (島根県)
着 07:33 {07:17…土休日}
徒歩すぐ近く
出雲市 (島根県)
発 08:06
JR 山陰本線 [快速 アクアライナー] 益田行き
益田 (島根県)
着 10:44
発 11:24
JR 山口線 山口行き
  (船平山12:18着)
山口 (山口県)
着 13:16
発 13:58
JR 山口線 益田行き
益田 (島根県)
着 15:58
発 17:46
JR 山陰本線 下関行き
江崎 (山口県)
着 18:11
発 19:02
JR 山陰本線 益田行き
益田 (島根県)
着 19:30
発 19:32
JR 山陰本線 [快速 アクアライナー] 米子行き
出雲市 (島根県)
着 21:50

(17/11/23調べ)

<2012年当時との違い>
島根県2日目は、主に島根県西部の路線攻略となります。

まず初めに一畑電車の大社線を乗り過ごしてから、いざ島根県西側の路線攻略に移ります。
島根県は東西に長くのびているため、出雲市駅スタートだと山口線のターミナルとなる益田駅まではかなりの距離があります。
出雲市駅から益田駅までは快速アクアライナーの接続もあるため、そんなにストレスなく乗り継ぎが可能なのですが、そこから先が本数が激減し乗り継ぎが大変になります。
山口線はまだ特急列車が接続されているだけマシ、といった感じで普通列車のみで折り返そうとすると時間調整がなかなか難しいです。
益田から先の山陰本線区間は普通列車の接続のみでさらに時間調整は厳しくなります。
このため、三江線の残りの区間(江津〜浜原)は3日目に持ち越しとなってしまいました。

三江線が廃止となると普通列車の乗り継ぎのみで2日もあれば路線は制覇できそうですが、それはそれで寂しくなりますね。。



◎本日走破した路線

一畑電車
 ・大社線 (出雲大社前〜川跡)

JR
 ・山陰本線 (出雲市〜江津〜益田〜江崎)
 ・山口線 (益田〜津和野〜船平山)


●残る未走破路線

JR
 ・三江線 (江津〜浜原)
posted by ウェアケン at 14:07 | Comment(0) | 第19回: 島根県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク