2012年05月27日

島根2日目 〜山陰本線・山口線・三江線を走破〜

出雲市 (島根県)
発 05:58
JR 山陰本線 益田行き
  (西出雲06:03着, 大田市06:37着, 仁万06:54着,
   温泉津07:09着, 江津07:30着, 波子07:45着,
   三保三隅08:42着, 益田09:12着)
浜田 (島根県)
着 07:59
発 08:05 (※ 米子05:52発)
JR 山陰本線・山口線 [特急 スーパーおき1号] 新山口行き
  (三保三隅08:20着, 益田08:38着, 日原09:00着,
   徳佐09:23着, 三谷09:34着, 山口10:00着,
   湯田温泉10:03着, 新山口10:13着)
津和野 (島根県)
着 09:10
発 10:13
JR 山口線 山口行き
  (船平山10:25着, 三谷10:45着, 山口11:36着)
徳佐 (山口県)
着 10:29
発 11:29 (※ 山口10:23発)
JR 山口線 益田行き
  (船平山11:32着, 津和野11:43着, 日原11:54着)
益田 (島根県)
着 12:23
発 13:27
JR 山陰本線 長門市行き
  (奈古14:02着, 東萩14:38着, 長門市15:20着)
江崎 (山口県)
着 13:51
発 14:40 (※ 東萩13:54発)
JR 山陰本線 益田行き
益田 (島根県)
着 15:05
発 15:11
JR 山陰本線 浜田行き
  (三保三隅15:36着)
浜田 (島根県)
着 16:01
発 16:03
JR 山陰本線 米子行き
  (波子16:18着, 温泉津16:51着, 仁万17:05着,
   大田市17:31着, 西出雲18:11着, 出雲市18:17着,
   宍道18:36着, 玉造温泉18:48着, 松江18:58着,
   安来19:33着, 米子19:44着)
江津 (島根県)
着 16:30
発 16:34
JR 三江線 浜原行き
  (石見川本17:41着, 粕淵18:15着)
浜原 (島根県)
着 18:20
発 19:00
JR 三江線 江津行き
  (粕淵19:04着, 石見川本19:37着)
江津 (島根県)
着 21:11
発 21:14 (※ 浜田20:34発)
JR 山陰本線 出雲市行き
  (温泉津21:33着, 仁万21:49着, 大田市22:04着,
   西出雲22:39着)
出雲市 (島根県)
着 22:44

(12/05/27調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 10回
総距離: 約488.6km
所要時間: 16時間46分
乗車時間合計: 11時間49分
乗継時間合計: 4時間57分
通常料金: 9,630円
  (2,940円…出雲市〜益田〜徳佐間のJR乗車券
  + 1,150円…浜田〜益田〜津和野間のJR自由席特急券
  + 1,110円…徳佐〜益田〜江崎間のJR乗車券運賃
  + 2,220円…江崎〜益田〜江津〜浜原間のJR乗車券
  + 2,210円…浜原〜江津〜出雲市間のJR乗車券)
青春18きっぷ: 4,730円
  (2,300円…18きっぷ一日分
  + 1,280円…浜田〜益田〜津和野間のJR乗車券
  + 1,150円…浜田〜益田〜津和野間のJR自由席特急券)

<路線地図>
 今回走破した路線の一部
 ・山陰本線 (出雲市〜江津〜益田〜江崎)

大きな地図で見る

 ・山口線(船平山〜津和野〜益田)

大きな地図で見る

 ・三江線 (江津〜石見川本〜浜原)

大きな地図で見る

<コメント>
 島根編2日目です。
 1日目は主に出雲地域(島根県東部)の路線を攻略したのでした。
 ということで2日目は主に島根県西部の路線を走破していきます。

 まずは出雲市駅から山陰本線でひたすら西へ。
 途中の江津駅は三江線のターミナルですが、とりあえず今はスルーしておきます(理由は前回記事を参照)。 
 そして浜田駅で特急列車に乗り換えてそのまま山口線に突入し、津和野駅まで移動してしまいます。
 この特急列車への乗り換えは島根の路線を2日で制覇するには欠かせません。
 つまり(2日目の途中でネタばれになってしまいますが)出雲市をスタート地点とした場合で普通列車のみを乗り継いで路線を制覇しようとすると、どうあっても3日は必要になってしまうのです。

 津和野は山々に囲まれた自然と人間の共存が織りなす隠れ家的な観光地です。
 全国にも小京都と言われる観光地はたくさんありますが、山陰の小京都と言えば津和野を指します。
 文豪森鴎外の出生地としても有名。
 鴎外にまつわる品や資料を集めた森鴎外記念館もあります。

 津和野はまだ島根県。
 ここからさらに南下して山口県エリアに入ります。
 今回は時間に余裕があるので山口県側の県境駅である船平山駅を越えて簡易委託駅である徳佐駅まで移動してみました。
 津和野駅もそうですが徳佐駅も復刻したSLやまぐち号の停車駅となっています。
 SLやまぐち号は主に土休日を中心に運行されています。
 実は別途指定席券を購入すれば18きっぷでも乗車できてしまいます。
 SLをスケジュールに組み込んでみるのも面白いかもしれませんね。

 徳佐駅で一時間ほど時間を潰し、益田駅まで戻ってさらに一時間時間を潰します。
 う〜ん、ここはダイヤの構成上仕方ないとしか言えません。
 待ちぼうけをくらった後で山陰本線の山口県側県境駅の江崎駅まで行って戻ってきます。
 これで山陰本線の島根エリアは全線制覇したことになります。

 残るは三江線の一部区間のみ。
 益田駅から山陰本線で江津駅まで乗り継ぐとちょうどいい感じで三江線の浜原行きの列車に乗車できます。
 浜原駅から先の三江線の区間(広島県との県境エリア)は前回まだ明るいうちに何とか乗りつぶせていたので、浜原駅からは折り返しの列車で江津駅まで戻ってきましょう。
 これで島根県の全路線制覇ということになります。

 あぁそういえば今島根県で一番ホットな観光地、世界遺産の石見銀山のお話がまだでした。
 石見銀山へのアクセスですが、山陰本線の大田市駅や仁万駅からバスが出ています。
 それと広島県側からであれば広島駅〜世界遺産センター〜大田市駅を結ぶバス(石見銀山号)が運行されています。
 人込みを避けたいのであれば広島駅から芸備線、三江線と乗り継いで石見川本駅から大田市方面行きのバスを利用する、というのもいいかも。
 とは言ったものの三江線は本数も限られているのであまりおススメはできませんが。。。
 バスの運行時間や運賃は石見交通のWebサイトを参考にしてください。



◎本日走破した路線

JR
 ・山陰本線 (出雲市〜江津〜益田〜江崎)
 ・山口線 (益田〜津和野〜船平山)
 ・三江線 (江津〜浜原)


●残る未走破路線

島根県の全路線制覇!
posted by ウェアケン at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第19回: 島根県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク