2017年04月29日

福島県1日目 〜奥羽本線(山形新幹線)・飯坂線・阿武隈急行・東北新幹線を走破〜 2017年度

郡山 (福島県)
発 06:10
JR 東北本線 福島行き
福島 (福島県)
着 06:57
発 07:14
JR 奥羽本線 米沢行き
米沢 (山形県)
着 08:01
発 08:40
JR 山形新幹線・東北新幹線 [つばさ128号] 東京行き
福島 (福島県)
着 09:14
発 09:30 {09:32…土休日}
福島交通 飯坂線 飯坂温泉行き
飯坂温泉 (福島県)
着 09:53 {09:54…土休日}
発 10:00 {10:05…土休日}
福島交通 飯坂線 福島行き
福島 (福島県)
着 10:23 {10:28…土休日}
発 10:49
阿武隈急行 槻木行き
槻木 (宮城県)
着 12:04
発 12:28
JR 東北本線 白石行き
白石 (宮城県)
着 12:49
徒歩約20分
白石蔵王 (宮城県)
発 13:58
JR 東北新幹線 [やまびこ142号] 東京行き
郡山 (福島県)
着 14:29
発 14:39
JR 東北新幹線 [やまびこ214号] 東京行き
那須塩原 (栃木県)
着 15:01
発 15:22
JR 東北本線 黒磯行き
黒磯 (栃木県)
着 15:27
発 15:32
JR 東北本線 福島行き
郡山 (福島県)
着 16:34
発 16:50
JR 磐越東線 小野新町行き
小野新町 (福島県)
着 17:42
発 17:48
JR 磐越東線 郡山行き
郡山 (福島県)
着 18:38

(17/04/29調べ)

<2010年当時との違い>
福島県も岩手県と同様、震災等の影響で未だに不通となっている区間があります。
2017年4月現在で不通区間となっているのは
 ・常磐線(浪江〜竜田)
 ・只見線(会津川口〜只見)
です。
どちらもバスによる代行輸送がありますが、本数が少ないのでうまく接続できるようタイミングを図って列車を乗り継がなければいけません。
只見線については只見〜大白川の一駅の区間を攻略するために、どうしても会津川口〜只見でバスに乗車しなければいけません。

さて、攻略初日ですが、7年前のスケジュールほぼそのままとなっています。
東北本線や東北新幹線、これに接続する路線(飯坂線、阿武隈急行)は福島の主要路線なので、本数も多く攻略しやすいところは震災前から変わっていません。

最後に磐越東線の一部区間を攻略していますが、後々のための保険となります。



◎本日走破した路線

JR
 ・東北本線(福島〜郡山〜那須塩原, 槻木〜白石)
 ・奥羽本線(福島〜米沢)
 ・山形新幹線(米沢〜福島)
 ・東北新幹線(白石蔵王〜福島〜郡山〜那須塩原)
 ・磐越東線(郡山〜小野新町)

福島交通
 ・飯坂線(福島〜飯坂温泉)

阿武隈急行 (福島〜槻木)


●残る未走破路線

JR
 ・東北本線(越河〜福島)
 ・常磐線(坂元〜浪江, 竜田〜いわき〜大津港)
 ・磐越西線(郡山〜会津若松〜豊実)
 ・磐越東線(小野新町〜いわき)
 ・水郡線(郡山〜下野宮)
 ・只見線(会津若松〜会津川口, 只見〜大白川)

会津鉄道 (西若松〜会津高原尾瀬口)

野岩鉄道
 ・会津鬼怒川線(会津高原尾瀬口〜男鹿高原)
posted by ウェアケン at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第3回: 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

岩手県4日目 〜花輪線を走破〜 2017年度

盛岡 (岩手県)
発 05:06
いわて銀河鉄道→JR花輪線(十和田八幡平四季彩ライン) 大館行き
湯瀬温泉 (秋田県)
着 06:47
発 07:45
JR花輪線→いわて銀河鉄道 盛岡行き
盛岡 (岩手県)
着 09:40

(17/04/28調べ)

<2010年当時との違い>
4日目最終日は残っていた花輪線の攻略です。

攻略すべき路線は2010年当時と比べて減ってしまったものの、結局4日かかってしまいました。
実は花輪線攻略を3日目に無理やりねじ込むこともできたのですが、この場合、日没後の攻略となってしまい車窓からの景色を楽しむことができません。
ちなみに、そのスケジュールは盛岡18:03発、湯瀬温泉19:46着で、折り返しの列車は湯瀬温泉20:13発、盛岡22:00着となります。

山田線、田沢湖線は相変わらず普通列車の接続本数がすくないので攻略に手間がかかります。
この路線をどう攻略するかが岩手県の路線制覇のキーポイントとなりまそうです。




◎本日走破した路線

JR
 ・花輪線(好摩〜湯瀬温泉)


●残る未走破路線

岩手県の全路線制覇!
posted by ウェアケン at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第2回: 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク