2010年09月28日

宮崎2日目 〜日南線・日豊本線を走破〜

宮崎 (宮崎県)
発 06:51
JR 日豊本線・日南線 油津行き
  (南宮崎06:55着, 田吉06:59着, 子供の国07:16着,
   青島07:19着, 北郷07:50着, 飫肥08:01着, 日南08:08着)
油津 (宮崎県)
着 08:12
発 08:48
JR 日南線 志布志行き
  (大堂津08:54着, 南郷08:59着, 大隅夏井09:59着)
志布志 (鹿児島県)
着 10:06
発 11:45
JR 日南線 南宮崎行き
  (南郷12:42着, 大堂津12:47着, 油津12:54着, 日南12:58着,
   飫肥13:04着, 北郷13:15着, 青島13:46着,
   子供の国13:51着, 田吉14:08着)
南宮崎 (宮崎県)
着 14:12
発 14:39 (※ 宮崎空港14:33発)
JR 日豊本線 延岡行き
  (宮崎14:43着, 佐土原15:00着, 高鍋15:17着, 都農15:37着,
   日向市16:03着, 門川16:09着, 南延岡16:24着)
延岡 (宮崎県)
着 16:29
発 16:47
JR 日豊本線 佐伯行き
  (市棚17:09着, 佐伯17:58着)
宗太郎 (大分県)
着 17:17
発 18:03
JR 日豊本線 南延岡行き
  (市棚18:12着, 南延岡18:43着)
延岡 (宮崎県)
着 18:34
発 18:48
JR 日豊本線 南宮崎行き
  (門川19:04着, 日向市19:10着, 都農19:36着, 高鍋19:48着,
   佐土原20:03着, 南宮崎20:26着)
宮崎 (宮崎県)
着 20:19

(10/09/28調べ)

<参考データ>
乗り換え総数: 6回
総距離: 約400.8km
所要時間: 13時間28分
乗車時間合計: 9時間28分
乗継時間合計: 4時間
通常料金: 8,020円
  (2,070円…宮崎〜志布志間のJR乗車券
  + 3,880円…志布志〜宗太郎間のJR乗車券
  + 2,070円…宗太郎〜宮崎間のJR乗車券)
青春18きっぷ: 2,300円
  (2,300円…18きっぷ一日分)
旅名人の九州満喫きっぷ: 3,500円
  (3,500円…九州満喫きっぷ一枚)

<路線地図>
 今回走破した路線の一部
 ・日豊本線 (宮崎〜南宮崎)
 ・日南線 (南宮崎〜志布志)

大きな地図で見る

 ・日豊本線 (宮崎〜延岡〜宗太郎)

大きな地図で見る

<コメント>
 宮崎2日目、日南線と日豊本線の未走破区間を攻略していきます。

 日中普通列車の連絡がない延岡〜佐伯間は特急列車で攻略した方がプラニングしやすいのですが、夕方以降に接続される普通列車を利用することにしました。
 延岡16:47発の佐伯行き普通列車で、大分県側県境駅となる宗太郎駅の到着時刻は17時過ぎとなりますが、ギリギリOKとしておきます。
 宗太郎駅から折り返せば、若干待ち時間がありますが普通列車で宮崎側に戻ることが可能です。
 ただ、宗太郎駅は駅舎も存在しない無人駅なので隣の重岡駅まで進んで折り返すのもいいでしょう。
 ちなみに佐伯駅まで進んでしまうと次の折り返し運転される普通列車まで1時間半ほどの待ち時間ができてしまいます。

 あとは日中の余った時間で日南線を走破するのみです。
 日南線は宮崎駅から終点の志布志駅まで片道2時間半以上もの時間がかかってしまうので往復すると意外と時間がかかってしまいます。
 普通列車と快速列車の運行しかなかった日南線ですが最近は観光特急列車「海幸山幸」が宮崎〜南郷間で土休日を中心に一往復運行されるようになりました。
 ただでさえ利用者の少ないローカル線に特急列車を走らせる、ということはかなりのPRになっているのではないでしょうか。
 日南線で乗降客の最も多い飫肥駅(読み:おび)では「海幸山幸」の運行一周年を記念して、地元の高校生が記念壁画を鋭意制作中だとか。。
 これで少しでも日南線に乗ってみよう!と思う人が増えるとうれしいですね。
 どうせだったら南郷までといわず、終点の志布志駅まで運行するようにすればいいのに。。

 盲腸線である日南線はかつては志布志駅から鹿児島の国分駅を結ぶ大隅線が出ていて日豊本線のう回路となっていたのですが、国鉄からJRに業務が移行される際に廃止となってしまいました。
 日南線終点の志布志駅は無人駅となってしまいましたが、駅近くの志布志港からフェリーの乗り入れもあり、地元の人はもちろん宮崎駅から志布志港までの移動手段としても日南線は活用されています。
 座礁事故で運航を一時停止していたマルエーフェリーの東京〜沖縄航路(志布志経由)ですが現在は通常通りのダイヤに戻っているようです。

 日南線を往復して宮崎に戻ってきたら日豊本線で延岡まで移動し、前述したように延岡〜宗太郎を往復して宮崎編は全路線制覇となります。
 余談ですが、宮崎県の東国原知事は次期知事選には不出馬との意向が濃厚のようですね。
 つい最近には宮崎県にとっては危機的な事象もありましたが、知事のおかげで宮崎県のいいところをたくさん知ることができ、この4年間は宮崎に注目しっぱなしでした。
 県外者の希望でおこがましいのは分かっているのですが、もう一期ぐらい宮崎県知事を続けてほしいなあと思っています。



◎本日走破した路線

JR
 ・日豊本線 (宮崎〜延岡〜宗太郎)
 ・日南線 (南宮崎〜田吉〜青島〜志布志)


●残る未走破路線

宮崎県の全路線制覇!
posted by ウェアケン at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第14回: 宮崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。