2010年04月30日

新潟編の考察

 新潟編のまとめです。

<参考データ>
全路線制覇に必要な日数: 4日
合計所要時間: 58時間7分
宿泊回数: 0回
合計移動距離: 2196.3km
青春18きっぷの必要枚数: 1枚 (4回分…1回分余り)
北海道&東日本パスの必要枚数: 1枚 (4回分…1回分余り)
ウィークエンドパスの必要枚数: 2枚 (4回分)
えちごワンデーパスの必要枚数: 4枚
えちごツーデーパスSPの必要枚数: 2枚 (4回分)

通常時の合計運賃: 42,200円
 (うち新幹線乗車に要した運賃: 6,260円
    JR以外の鉄道に要した運賃: 950円)
18きっぷ利用時の合計運賃: 17,790円
北海道&東日本パス利用時の合計運賃: 19,440円
ウィークエンドパス利用時の合計運賃: 23,950円
えちごワンデーパス利用時の合計運賃: 31,760円
えちごツーデーパスSP利用時の合計運賃: 19,500円


 北海道以外のこれまでのターゲットの中で最も移動距離が長くなってしまいましたね。
 これは新潟県が南北に細長く延びていて、北の県境の路線制覇には羽越本線を行ったり来たり、南の県境の路線制覇には信越本線を行ったり来たりしなければならないことが主な原因となっています。
 特に信越本線は直江津以降も長野県側の県境駅までと、北陸本線、大糸線を乗りつぶさなければならないのに、直江津駅まで普通列車で3時間もかかってしまうのは結構厳しいです。


 新潟県の路線攻略で注意しておきたいところは
 1: 羽越本線 (村上〜鼠ヶ関)
 2: 米坂線
 3: 上越新幹線 (越後湯沢〜ガーラ湯沢)
 4: 只見線

 ですかね。

 1:の羽越本線は村上までは白新線からスムーズに乗り継ぐことができますが、それ以降は時間帯が限定されてしまいます。
 特急列車を利用するなどして総合的に攻めた方がいいかもしれません。
 でも、特急「いなほ」は鼠ヶ関には停車しないので、最低あつみ温泉駅まで乗車する必要があります。

 2:の米坂線は坂町〜小国を往復する場合、小国駅で大量の待ち時間ができてしまいます。
 こればかりはどうしようもないですね。
 小国で折り返さずにそれ以降の山形県側の駅で折り返すか、素直に小国で周辺を散策したりして時間をつぶすしかありません。
 米坂線は山形編でも苦労しそう。。。

 3:の上越新幹線(越後湯沢〜ガーラ湯沢)は季節運行となるので路線制覇のスタート時期に要注意。

 4:の只見線、福島編と同様苦労させられます。
 福島編と比べて攻略対象となる路線区間は短くなるわけで一見楽に攻略できそうですが、列車の本数自体が少ないので自ずと攻略可能なダイヤが固定化されてしまいます。


 フリーパスについては、残念ながら「えちごツーデーパスSP」のMVPとはなりませんでした。
 でも、この切符は新潟県内の路線を乗り継ぐのには適しているので、2日目の磐越西線と只見線、3日目の信越本線(直江津〜黒姫)と飯山線を新潟県側から往復する形で攻略すれば、きっとえちごツーデーパスSPが最安となったに違いありません。
 だけどそうすると折り返す駅で時間単位の待ち時間ができるんだよな〜しかも往復自体あまり面白味がない。
 うーん、難しいところですね。。。
posted by ウェアケン at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 路線制覇のまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。