2017年12月10日

栃木県3日目 〜東武宇都宮線・東武日光線・東武伊勢崎線・東武佐野線・両毛線を踏破〜 2017年度

東武宇都宮 (栃木県)
発 07:06
東武宇都宮線・日光線 栃木行き
新栃木 (栃木県)
着 07:40
発 07:47
東武日光線 東武日光行き
下今市 (栃木県)
着 08:31
発 08:41
東武日光線 新栃木行き
新栃木 (栃木県)
着 09:25
発 09:36
東武日光線 南栗橋行き
  (板倉東洋大前09:59着)
南栗橋 (埼玉県)
着 10:16
発 10:21
東武日光線・伊勢崎線→東京メトロ半蔵門線→東急田園都市線 [急行] 中央林間行き
東武動物公園 (埼玉県)
着 10:31
発 10:41
東武伊勢崎線 [急行] 久喜行き
久喜 (埼玉県)
着 10:47
発 10:53
東武伊勢崎線 館林行き
館林 (群馬県)
着 11:28
発 11:31
東武伊勢崎線 太田行き
  (多々良11:35着, 韮川11:54着)
太田 (群馬県)
着 11:58
発 12:21
東武伊勢崎線 館林行き
館林 (群馬県)
着 12:47
発 13:00
東武佐野線 葛生行き
葛生 (栃木県)
着 13:34
発 14:05
東武佐野線 館林行き
佐野 (栃木県)
着 14:22
発 14:56
JR 両毛線 小山行き
小山 (栃木県)
着 15:23
発 15:30 {15:42…土休日}
JR 東北本線(宇都宮線) 宇都宮行き
宇都宮 (栃木県)
着 15:57 {16:08…土休日}

<コメント>
栃木県3日目、最終日は主に残っていた東武鉄道線の攻略です。

今回は東武宇都宮駅スタートで、JR宇都宮駅からは2q近く離れているため徒歩だと24分くらいかかります。

栃木県内の路線図だけで見ると東武日光線と東武伊勢崎線、東武佐野線はぶつ切れのように見えますが、埼玉県で日光線⇔伊勢崎線、群馬県で伊勢崎線⇔佐野線と乗り入れることが可能です。
このため、東武鉄道の攻略順として、東武宇都宮線→東武日光線→東武伊勢崎線→東武佐野線のようにしてみました。
こうすると他社の鉄道路線を経由せず、東武鉄道のみで栃木県内の東武鉄道線を踏破できます。

後は残っていた両毛線の一部区間をやっつけて栃木県内の路線は攻略完了となります。
最終日は若干が時間が余る感じにはなりますが、栃木県の全路線を2日で攻略するのは難しそうです。



◎本日走破した路線

東武鉄道
 ・宇都宮線 (東武宇都宮〜新栃木)
 ・日光線 (下今市〜新栃木〜栃木〜板倉東洋大前)
 ・伊勢崎線 (多々良〜韮川)
 ・佐野線 (渡瀬〜佐野〜葛生)

JR
 ・両毛線 (佐野〜栃木)

●残る未走破路線

栃木県の全路線制覇!
posted by ウェアケン at 12:12 | Comment(0) | 第20回: 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

栃木県2日目 〜JR日光線・東武鬼怒川線・野岩鉄道会津鬼怒川線・わたらせ渓谷鐵道を踏破〜 2017年度

宇都宮 (栃木県)
発 06:59
JR 日光線 日光行き
日光 (栃木県)
着 07:45
徒歩約4分
東武日光 (栃木県)
発 08:12
東武鉄道 日光線 南栗橋行き
下今市 (栃木県)
着 08:21
発 08:48
東武鬼怒川線→野岩鉄道 会津鬼怒川線→会津鉄道 会津田島行き
会津高原尾瀬口 (福島県)
着 10:20
発 11:07
野岩鉄道 会津鬼怒川線→東武鬼怒川線→東武日光線→東武伊勢崎線 浅草行き
下今市 (栃木県)
着 12:26
発 12:34
東武日光線 東武日光行き
東武日光 (栃木県)
着 12:43
徒歩すぐ近く
東武日光駅 (※ バス停)
発 13:01
日光市営バス 足利JR日光駅線 双愛病院行き
間藤駅前 (※ バス停)
着 13:36
発 15:09
わたらせ渓谷鐵道 桐生行き
  (沢入15:30着)
桐生 (群馬県)
着 16:36
発 16:40
JR 両毛線 小山行き
  (佐野17:09着)
小山 (栃木県)
着 17:38
発 17:52
JR 東北本線(宇都宮線) 宇都宮行き
宇都宮 (栃木県)
着 18:19 {18:20…土休日}

<コメント>
栃木県2日目からは栃木県西側の鉄道路線の攻略へと移ります。

今回は北部の会津鉄道へとつながる野岩鉄道および東武鉄道の鬼怒川線の攻略と、西部の栃木と群馬をまたぐ、わたらせ渓谷鐵道の攻略がメインです。

まずはJR日光線で終点のJR日光駅まで乗車し、そこから徒歩で東武鉄道の東武日光駅まで向かいます。
JR日光駅と東武日光駅は300mほど離れているだけでそんなに遠くはありません。

後は東武鉄道線を乗り継いで野岩鉄道会津鬼怒川線へ突入します。
下今市から福島県側県境駅の会津高原尾瀬口駅までは普通列車で1時間半くらいなので往復して日光まで戻ってくるのに少なくとも3時間は要します。
それでも野岩鉄道を会津若松側から乗り入れるよりはましでしょう。

東武日光駅に戻ってきたら日光市営バスを利用して、わたらせ渓谷鐵道の終点である間藤駅にワープします。
これでわたらせ渓谷鐵道線を往復攻略する必要はなくなります。
ちなみにこの路線バスはJR日光駅始発なのでJR日光駅からも乗車可能です。

後はわたらせ渓谷鐵道ターミナル駅で両毛線群馬県側の境界駅である桐生駅から明るいうちに戻ってきます。
佐野駅を通過する時点で17時を若干過ぎてしまっていますがとりあえず桐生〜佐野は踏破済みとしておきます。

これで残るは両毛線の一部区間と東武鉄道線となります。



◎本日走破した路線


JR
 ・両毛線 (桐生〜佐野)
 ・日光線 (宇都宮〜日光)

東武鉄道
 ・鬼怒川線 (下今市〜新藤原)
 ・日光線 (東武日光〜下今市)

野岩鉄道
 ・会津鬼怒川線 (新藤原〜会津高原尾瀬口)

わたらせ渓谷鐵道 (間藤〜沢入)

●残る未走破路線

JR
 ・両毛線 (栃木〜佐野)

東武鉄道
 ・日光線 (板倉東洋大前〜栃木〜新栃木〜下今市)
 ・宇都宮線 (新栃木〜東武宇都宮)
 ・佐野線 (渡瀬〜佐野〜葛生)
 ・伊勢崎線 (多々良〜韮川)
posted by ウェアケン at 13:12 | Comment(0) | 第20回: 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク