2018年05月20日

京都府1日目 〜福知山線・京都丹後鉄道(宮豊線,宮舞線,宮福線)・舞鶴線・小浜線を踏破〜 2018年度

京都 (京都府)
発 05:59
京都市営地下鉄 烏丸線 竹田行き
竹田 (京都府)
着 06:06
発 06:14 {06:13…土休日}
京都市営地下鉄 烏丸線 国際会館行き
京都 (京都府)
着 06:20
発 06:37
JR 山陰本線(嵯峨野線) 福知山行き
  (亀岡07:02着)
福知山 (京都府)
着 08:38
発 09:00
JR 福知山線 篠山口行き
丹波竹田 (兵庫県)
着 09:08
発 09:20
JR 福知山線 福知山行き
福知山 (京都府)
着 09:28
発 09:55
JR 山陰本線 [特急 こうのとり1号] 城崎温泉行き
豊岡 (兵庫県)
着 10:47
発 11:00
京都丹後鉄道 宮豊線・宮舞線 西舞鶴行き
西舞鶴 (京都府)
着 13:01
発 13:37
京都丹後鉄道 宮舞線・宮豊線 豊岡行き
宮津 (京都府)
着 14:08
発 14:13
京都丹後鉄道 宮福線 [快速 丹後あおまつ4号] 福知山行き
福知山 (京都府)
着 14:56
発 15:54
JR 山陰本線 園部行き
綾部 (京都府)
着 16:06
発 16:10
JR 舞鶴線 東舞鶴行き
東舞鶴 (京都府)
着 16:40
発 16:42
JR 小浜線 敦賀行き
青郷 (福井県)
着 16:54
発 17:28
JR 小浜線 東舞鶴行き
東舞鶴 (京都府)
着 17:40
発 17:46
JR 舞鶴線 [快速] 福知山行き
綾部 (京都府)
着 18:14
発 18:16
JR 山陰本線 園部行き
園部 (京都府)
着 19:13
発 19:16
JR 山陰本線(嵯峨野線) 京都行き
京都 (京都府)
着 19:59

<コメント>
京都府1日目は主に京都北部の路線攻略となります。
京都駅から距離的に遠く、一番厄介そうな兵庫県との県境付近、福井県との県境付近をまずやっつけてしまいましょう。

と、その前に若干時間があるので、地下鉄烏丸線の京都〜竹田を往復攻略しておきます。
地下鉄なので日中攻略の対象外となり、この区間は攻略済みとなります。

改めて京都北部の路線をつぶすため山陰本線で福知山駅までいっきに進みます。
途中の亀岡駅で朝7時を過ぎるので山陰本線についてはこの時点で亀岡〜園部〜福知山が攻略済みとなります。
京都〜亀岡間は次回以降に持ち越しです。

福知山駅からは福知山線の列車に乗り換えて京都区間の福知山〜丹波竹田を往復攻略します。
といっても福知山駅から1駅なのでそんなに時間はかかりません。
折り返しの列車も上記の時間であればちょうどよく接続できます。

続いて京都丹後鉄道の路線攻略に移るのですが、今回は兵庫県側つまり宮豊線ターミナルの豊岡駅から突入することにします。
山陰本線の福知山〜豊岡間は普通列車で1時間ちょっとくらいですが、ここで特急列車を利用した方が後々うまく回れるようなのであえて特急列車を使って豊岡駅まで乗り継いでいます。

豊岡駅からは京都丹後鉄道を宮豊線、宮舞線、宮福線の順番で攻略します。
このうち、宮豊線と宮舞線は直通で、宮舞線については宮福線攻略のため往復して宮津駅まで戻るようにしています。
これで京都丹後鉄道の路線は全線制覇したことになります。

宮福線で再び福知山駅まで戻ってきたら、北部で残っている舞鶴線と小浜線の攻略に移ります。
福知山駅での乗り換えに1時間ほど時間ができてしまうのはもったいないですが、上記のスケジュールであれば舞鶴線→小浜線と乗り継いで福井県側県境駅の青郷駅に日没前となる17時までに到着できます。

青郷駅からは小浜線、舞鶴線、山陰本線と乗り継ぎ、京都駅まで戻ってこの日は終了です。

ここから、京都北部の路線攻略だけで1日かかってしまことがわかりました。



◎本日走破した路線

JR
 ・山陰本線 (亀岡〜園部〜綾部〜福知山〜梁瀬)
 ・福知山線 (丹波竹田〜福知山)
 ・舞鶴線 (綾瀬〜西舞鶴〜東舞鶴)
 ・小浜線 (東舞鶴〜青郷)

京都丹後鉄道(丹鉄)
 ・宮豊線 (宮津〜コウノトリの郷)
 ・宮舞線 (宮津〜西舞鶴)
 ・宮福線 (宮津〜福知山)

京都市営地下鉄
 ・烏丸線 (京都〜竹田)

●残る未走破路線

JR
 ・東海道本線 (島本〜京都〜山科〜大津)
 ・奈良線 (京都〜東福寺〜六地蔵〜宇治〜木津)
 ・関西本線 (平城山〜木津〜加茂〜島ヶ原)
 ・片町線 (長尾〜木津)
 ・山陰本線 (京都〜二条〜嵯峨嵐山〜亀岡)
 ・東海道新幹線 (新大阪〜京都〜米原)
     ※ 新大阪は大阪府側、米原は滋賀県側県境駅

京阪電気鉄道(京阪)
 ・本線 (樟葉〜八幡市〜中書島〜東福寺〜三条)
     ※ 樟葉(くずは)は大阪府側県境駅
 ・鴨東線 (三条〜出町柳)
 ・京津線 (御陵〜追分)
     ※ 追分は滋賀県側県境駅
 ・男山ケーブル (八幡市〜男山山上)

阪急電鉄(阪急)
 ・京都本線 (水無瀬〜桂〜大宮〜烏丸〜河原町)
     ※ 水無瀬は大阪府側県境駅
 ・嵐山線 (桂〜嵐山)

京福電気鉄道(京福)
 ・北野線 (帷子ノ辻〜北野白梅町)
 ・嵐山線 (嵐山〜帷子ノ辻〜四条大宮)

叡山電鉄(えいでん)
 ・叡山本線 (出町柳〜宝ヶ池〜八瀬比叡山口)
 ・鞍馬線 (宝ヶ池〜鞍馬)

近畿日本鉄道(近鉄)
 ・京都線 (京都〜竹田〜高の原)
     ※ 高の原は奈良県側県境駅

嵯峨野観光鉄道
 ・嵯峨野観光線 (トロッコ嵯峨〜トロッコ亀岡)

京都市営地下鉄
 ・烏丸線 (国際会館〜烏丸御池〜四条〜京都)
 ・東西線 (太秦天神川〜二条〜烏丸御池〜三条京阪〜御陵〜山科〜六地蔵)
posted by ウェアケン at 14:42 | Comment(0) | 第31回: 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

京都府の路線制覇 〜攻略対象の路線一覧〜 2018年度

今回のターゲットは都道府県面積第31位の京都府となります。

スタート地点は京都府の代表駅の京都駅とします。

京都は特に京都市エリアがJR以外の市営鉄道や私鉄が多く、観光用の路線もあったりと充実しています。

さらに京都の場合は隣接の府県をまたぐ路線が他県を比べて多く、県境駅から折り返す際の時間ロスも大きそうです。
京都府は福井、滋賀、三重、奈良、大阪、兵庫と接しており、このいずれからでもアクセス可能となっています。
特に京都府と大阪府をまたぐ路線は東海道新幹線、東海道本線、片町線、阪急京都本線、京阪本線の5つ存在しています。
これらの府県をまたぐ路線をいかに効率よく攻略していくかが、京都府における路線制覇の一つのキーポイントになると思います。

あともう一つのキーポイントは京都北部の路線でしょうか。
京都駅は南北にのびる京都府の中央から南の方に位置しているので北西部の兵庫県の県境までは結構距離があります。
本ブログは日中攻略を目指しているので京都丹後鉄道線や舞鶴線、山陰本線、福知山線はうまい具合に攻略できるようスケジューリングの調整が必要になります。

個別の路線で注意が必要なのは嵯峨野観光鉄道です。
この路線は冬の間は運行していません。
また、シーズン中でも運休日があるので、ここは事前に調べておいた方がよさそうです。

さて、2018年時点における京都府の攻略対象となる路線は以下の通りです。

JR
 ・東海道本線 (島本〜京都〜山科〜大津)
     ※ 島本は大阪府側、大津は滋賀県側県境駅
 ・奈良線 (京都〜東福寺〜六地蔵〜宇治〜木津)
 ・関西本線 (平城山〜木津〜加茂〜島ヶ原)
     ※ 平城山(ならやま)は奈良県側、島ヶ原は三重県側県境駅
 ・片町線 (長尾〜木津)
     ※ 長尾は大阪府側県境駅
 ・山陰本線 (京都〜二条〜嵯峨嵐山〜亀岡〜園部〜綾部〜福知山〜梁瀬)
     ※ 梁瀬は兵庫県側県境駅
 ・福知山線 (丹波竹田〜福知山)
     ※ 丹波竹田は兵庫県側県境駅
 ・舞鶴線 (綾瀬〜西舞鶴〜東舞鶴)
 ・小浜線 (東舞鶴〜青郷)
     ※ 青郷は福井県側県境駅
 ・東海道新幹線 (新大阪〜京都〜米原)
     ※ 新大阪は大阪府側、米原は滋賀県側県境駅

京阪電気鉄道(京阪)
 ・本線 (樟葉〜八幡市〜中書島〜東福寺〜三条)
     ※ 樟葉(くずは)は大阪府側県境駅
 ・鴨東線 (三条〜出町柳)
 ・京津線 (御陵〜追分)
     ※ 追分は滋賀県側県境駅
 ・男山ケーブル (八幡市〜男山山上)

阪急電鉄(阪急)
 ・京都本線 (水無瀬〜桂〜大宮〜烏丸〜河原町)
     ※ 水無瀬は大阪府側県境駅
 ・嵐山線 (桂〜嵐山)

京福電気鉄道(京福)
 ・北野線 (帷子ノ辻〜北野白梅町)
 ・嵐山線 (嵐山〜帷子ノ辻〜四条大宮)

叡山電鉄(えいでん)
 ・叡山本線 (出町柳〜宝ヶ池〜八瀬比叡山口)
 ・鞍馬線 (宝ヶ池〜鞍馬)

近畿日本鉄道(近鉄)
 ・京都線 (京都〜竹田〜高の原)
     ※ 高の原は奈良県側県境駅

京都丹後鉄道(丹鉄)
 ・宮舞線 (宮津〜西舞鶴)
 ・宮福線 (宮津〜福知山)
 ・宮豊線 (宮津〜コウノトリの郷)
     ※ コウノトリの郷は兵庫県側県境駅

嵯峨野観光鉄道
 ・嵯峨野観光線 (トロッコ嵯峨〜トロッコ亀岡)

京都市営地下鉄
 ・烏丸線 (国際会館〜烏丸御池〜四条〜京都〜竹田)
 ・東西線 (太秦天神川〜二条〜烏丸御池〜三条京阪〜御陵〜山科〜六地蔵)
posted by ウェアケン at 15:52 | Comment(0) | 第31回: 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク