2018年07月16日

石川県1日目 〜北陸本線・北陸新幹線・あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道・北陸鉄道(石川線,浅野川線)・JR七尾線・のと鉄道七尾線を踏破〜

金沢 (石川県)
発 05:24
JR 北陸本線 敦賀行き
牛ノ谷 (福井県)
着 06:28
発 06:57
JR 北陸本線 金沢行き
金沢 (石川県)
着 08:05
発 08:23
JR 北陸新幹線 [新幹線 はくたか556号] 東京行き
新高岡 (富山県)
着 08:37
発 09:28
JR 城端線 高岡行き
高岡 (富山県)
着 09:31
発 10:03
あいの風とやま鉄道→IRいしかわ鉄道 金沢行き
金沢 (石川県)
着 10:43
発 11:03
JR 北陸本線 小松行き
西金沢 (石川県)
着 11:07
徒歩すぐ近く
新西金沢 (石川県)
発 11:16
北陸鉄道 石川線 野町行き
野町 (石川県)
着 11:21
発 11:36
北陸鉄道 石川線 鶴来行き
鶴来 (石川県)
着 12:06
発 12:08
北陸鉄道 石川線 野町行き
新西金沢 (石川県)
着 12:33
徒歩すぐ近く
西金沢 (石川県)
発 12:37
JR 北陸本線 金沢行き
金沢 (石川県)
着 12:42
徒歩すぐ近く
北鉄金沢 (石川県)
発 13:00
北陸鉄道 浅野川線 内灘行き
内灘 (石川県)
着 13:17
発 13:30
北陸鉄道 浅野川線 北鉄金沢行き
北鉄金沢 (石川県)
着 13:47
徒歩すぐ近く
金沢 (石川県)
発 14:29
IRいしかわ鉄道→JR 七尾線 七尾行き
七尾 (石川県)
着 16:11
発 16:20
JR 七尾線→のと鉄道七尾線 穴水行き
穴水 (石川県)
着 17:00
発 17:22
のと鉄道七尾線→JR 七尾線 七尾行き
七尾 (石川県)
着 18:05
発 18:08
JR 七尾線→IRいしかわ鉄道 金沢行き
金沢 (石川県)
着 19:32

<コメント>
石川県1日目、というか1日で石川県全域の路線を巡ることができてしまいました。
それでは順番に見ていきましょう。

まず初めに北陸本線を往復して攻略してしまいます。
復路でだいたい7時を過ぎるので、往路は早めに出るようにしています。

北陸本線の戻る途中で西金沢駅から北鉄石川線の攻略に移ってもいいでしょう。
ここではひとまず金沢駅まで戻ります。

金沢駅まで戻ってきたら北陸新幹線で富山県側県境駅の新高岡駅まで一駅進みます。
新幹線の新高岡駅とあいの風とやま鉄道の高岡駅は徒歩で22分程度離れていて、歩いて行ける距離ではあるのですがここでは隣の城端線に乗り換えて高岡駅まで接続するようにしています。
新高岡駅〜高岡駅はバスの連絡も日中は10分おきくらいに出ているのでこちらを利用してもよさそうです。

高岡駅からはあいの風とやま鉄道→IRいしかわ鉄道の直通で金沢駅に再度戻ってきます。
ここから北陸鉄道の2路線、石川線と浅野川線を順番に乗りつぶしていきます。

まず石川線は最寄りの北陸本線の駅が西金沢駅となるのでそこまで進んで、すぐ隣の北陸鉄道の駅、新西金沢駅に移動しましょう。
ここから往復攻略してしまいます。
浅野川線についてはいったん金沢駅に戻ってきてから、北陸鉄道の北鉄金沢駅まで徒歩で移動してこれも往復して乗りつぶしてしまいます。

最後に残ったJR七尾線とのと鉄道七尾線で終点の穴水駅に17時に前後に到着できるように調整して、ここも往復して石川県の全路線攻略完了となります。

このように日中攻略でも石川県内の全路線は案外余裕を持って巡ることができそうです。
夏休みの自由研究にもよいかもしれませんね。



◎本日走破した路線

JR
 ・北陸本線 (牛ノ谷〜西金沢〜金沢)
     ※ 牛ノ谷は福井県側県境駅
 ・七尾線 (津幡〜七尾〜和倉温泉)
 ・北陸新幹線 (金沢〜新高岡)
     ※ 新高岡は富山県側県境駅

IRいしかわ鉄道
 ・IRいしかわ鉄道線 (金沢〜津幡〜倶利伽羅)

あいの風とやま鉄道
 ・あいの風とやま鉄道線 (倶利伽羅〜石動)
     ※ 石動(いするぎ)は富山県側県境駅

北陸鉄道
 ・浅野川線 (金沢〜内灘)
 ・石川線 (野町〜新西金沢〜鶴来)

のと鉄道
 ・七尾線 (和倉温泉〜穴水)

●残る未走破路線

石川県の全路線制覇!
posted by ウェアケン at 10:05 | Comment(0) | 第35回: 石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

石川県の路線制覇 〜攻略対象の路線一覧〜 2018年度

今回のターゲットは都道府県面積第35位の石川県となります。

スタート地点は石川県の代表駅の金沢駅とします。

北陸3県の記事が続いて、ラストを飾るのが石川県です。

北陸新幹線が開通して首都圏からの(または首都圏への)アクセスが抜群によくなった石川県ですが、青春18きっぷ利用者にとっては逆にアクセスしずらい場所となってしまいました。

北陸新幹線の並行在来線がJRの北陸本線だったころは、東日本から西日本や西日本から東日本へ移動する際は東海道線ルートにするか、北陸線ルートにするか主に2種類あって、私個人は北陸線ルートの方が人が少なく、日本海が見える箇所が多く、ボックス席付きの車両だったりと東海道線と比べると好条件だったのでよく利用していました。

今は青春18きっぷの場合は東海道線ルート一択のみとなってしまい、すごくさびしい気分です。
(正直に言うと、東海道線の浜松〜静岡〜熱海はほとんどがオールロングシートで、住宅街を通ることが多く、平日休日問わず人も多いのであまり好んで乗りたいとは思いません)

この北陸新幹線がさらに福井方面まで延伸されると、残りの北陸本線も第3セクター化されるようで東海地方からのアクセスも断たれると青春18きっぷ利用者はますます北陸アクセスしにくくなるなあ、と考えずにはいられません。

ちなみに北陸本線の金沢駅から西の石川県区間はIRいしかわ鉄道が引き継ぐ予定となっているようです。
JR七尾線は、青森県にある青い森鉄道の野辺地駅から延びているJR大湊線みたいにJRの路線として残ることになるのかもしれないですけど、青春18きっぷ利用者への特例がつくかどうか注目したいところです。

さて、2018年時点における石川県の攻略対象となる路線は以下の通りです。

JR
 ・北陸本線 (牛ノ谷〜西金沢〜金沢)
     ※ 牛ノ谷は福井県側県境駅
 ・七尾線 (津幡〜七尾〜和倉温泉)
 ・北陸新幹線 (金沢〜新高岡)
     ※ 新高岡は富山県側県境駅

IRいしかわ鉄道
 ・IRいしかわ鉄道線 (金沢〜津幡〜倶利伽羅)

あいの風とやま鉄道
 ・あいの風とやま鉄道線 (倶利伽羅〜石動)
     ※ 石動(いするぎ)は富山県側県境駅

北陸鉄道
 ・浅野川線 (金沢〜内灘)
 ・石川線 (野町〜新西金沢〜鶴来)

のと鉄道
 ・七尾線 (和倉温泉〜穴水)
posted by ウェアケン at 11:35 | Comment(0) | 第35回: 石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク